Blog single

法人営業に使えるおすすめAIツールとは。月額3.3万円〜

“Human Enhancement with creativity.”

体験を豊かに世の中を滑らかに
目次

法人営業におけるAIの重要性

はじめに
AI技術の発展は、営業職の仕事に大きな変革をもたらしています。一部では、AIによって営業職の仕事がなくなるのではないかという不安もありますが、実際にはAIに得意とする分野と苦手とする分野が存在します。AIは、データを基にした学習を通じて、営業活動をサポートするツールとして機能しますが、人間にしかできない業務、特に取引先との信頼関係構築などは、今後も人の役割が重要です。
AIの活用は、営業支援システムにおいても顕著で、顧客管理、案件管理、商談管理、売上予測、行動管理など、蓄積されたデータをもとに分析・予測を行うことで、業務効率化や生産性向上のヒントを提供します。

AI搭載営業支援システムには、営業計画、営業活動・顧客対応、評価・改善など、さまざまな種類が存在し、自社の課題に合わせたシステム選択が可能です。  

2023年の法人営業の環境変化

2023年、ビジネスの舞台は多くの面で大きな変化を迎えています。このセクションでは、その変化の概要と、それがどのように私たちのビジネスに影響を与えているのかを説明します。

法人営業DX(デジタルトランスフォーメーション)の加速

近年、企業はオンラインへの移行を急速に進めています。コロナウイルスの影響を受けての遠隔ワークの普及、オンラインショッピングの増加、そして仮想空間でのビジネスのチャンスなど、デジタル化の流れは止められないものとなっています。 

法人営業におけるAIツールの役割と重要性

ここで注目したいのが、ビジネスの現場で活躍し始めたAIツールの存在です。AIとは、人工知能のことを指し、これを活用したツールはビジネスの様々な場面で効果を発揮しています。
とりわけ、法人営業という営業の一端において、AIツールの役割は非常に大きなものとなっています。リードとは、商品やサービスに興味を示す見込み客のことを指します。これを効率的に獲得し、さらにその質を高める作業は、営業の成果に直結する重要なタスクです。

AIツールがこのリード獲得のプロセスにどのように貢献しているのか。それは、まず大量のデータを迅速に分析し、見込み客の興味やニーズを的確に捉える能力にあります。従来、人の手によって行われていたこの作業が、AIの力によって高速化・高精度化されることで、営業の効率が大幅に向上しています。
引用https://lead-dynamics.com/

また、AIツールは24時間365日、常に最高のパフォーマンスを発揮します。人間の営業担当者が持つ時間的・物理的な制約を受けることなく、効率的にリードを獲得し続けることが可能です。
このように、AIツールの役割と重要性は日々増しており、今後のビジネスの競争において、このツールをいかに活用していくかが企業の成功を左右する鍵となるでしょう。

法人営業とAIの活用

法人営業の世界において、AI(人工知能)の活用は革新的な変化をもたらしています。特に、事務作業の効率化、新規顧客へのチャット対応、営業補助など、AIの活用は営業活動の多面的な改善に寄与しています。本記事では、法人営業におけるAIの活用方法と、それが企業にもたらすメリットについて探求します。

事務作業の効率化

AIの導入により、営業関連の事務作業が大幅に効率化されています。例えば、案内メールの作成や見込み顧客の洗い出しにAIを活用することで、これまで人の手で行っていた業務を効率よく進めることが可能になります。AIは、顧客管理や営業リストの作成においても、人の手を超える正確性と速さで作業を行うことができます。これにより、営業担当者はより戦略的な活動に集中することができ、営業活動の全体的な生産性が向上します。



新規顧客へのチャット対応

新規顧客からの問い合わせに対するチャット対応にAIを活用することで、24時間365日、迅速かつ一貫性のある対応が可能になります。AIは過去のデータや問い合わせ内容をもとに、自動応答でやり取りを行うことができ、顧客満足度の向上に寄与します。また、AIの自動学習機能により、対応の精度は時間とともに向上していきます。

営業補助

AIは営業活動の補助としても大きな役割を果たします。見込み顧客や新規顧客にかけていた時間を短縮し、商品やサービスを求めているターゲットを効率的に絞り込むことが可能です。AIによるデータ分析は、営業戦略の策定においても重要なツールとなり、より高い成果を期待することができます。

企業が抱える新規営業の課題

新規顧客の獲得方法が分からない

新規顧客の獲得は、企業成長の基盤となる重要な要素です。しかし、ターゲット市場の特定、効果的なアプローチ方法の選定、そして競争が激しい市場での差別化など、新規顧客を獲得する過程には多くの困難が伴います。 AIの活用により、顧客データの分析、市場のトレンドの予測、そして潜在顧客へのパーソナライズされたマーケティング戦略の展開が可能になり、新規顧客獲得の効率化を図ることができます。



闇雲に決済者交流会に参加されている方も多いと感じますが 玉石混交の決済者交流会や決済者マッチングサイト経由のアポイントに比べてフォームマーケティング経由のアポはホットリードである可能性が高いです。 理由は 関心度が高い企業のみ返事がありアポイントに繋がるためニーズの健在層と商談になりやすいのです。 さらに 上記の図のようにフォームマーケティングは商材の理解をした上で返事がきます。(アポになります)

情報管理が多様化し過ぎている

企業が保有する顧客情報、商談履歴、市場データなどの情報は膨大であり、その管理は複雑化しています。情報の断片化は、効率的な営業活動の妨げとなり、顧客満足度の低下にもつながりかねません。AIを活用することで、情報の統合、自動化されたデータ分析、そしてリアルタイムでの顧客対応が可能になり、情報管理の効率化を実現します。

問い合わせからの新規獲得率が低い

多くの企業では、問い合わせに対する迅速かつ適切な対応が新規顧客獲得の鍵となります。しかし、リソースの限られた中で、「ザ、モデル」を頑張ってやってみたがあまり効果は見られず。。。
  AIによるチャットボットの導入や、問い合わせ内容に基づくオンライン商談自動化ツールなどにより、顧客対応の質の向上と効率化を図ることができます。

オンライン商談自動化ツールとは

簡単にお伝えするとアポイントなしで先方の営業担当者と直接繋がることができるツールです。

多くのBtoB向けのサイトでは
「LPを作成」→
「広告運用」→
「LPにて資料請求」させる→
「インサイドセールスが電話」→
「日程調整」→
「アポ」をとる。
やっと商談日が確定する。

この流れが一般的だと思います。
「資料請求」した理由がただの市場調査だった場合は最悪ですよね。

リソースの限られた中で、「ザ、モデル」を導入してみたがあまり効果がなかった企業におすすめです。


BtoBビジネスにおいては、買い手は意思決定プロセスの57%を営業担当との接触前に済ませているといわれます。 であれば、営業担当者に繋がるまでこんなにリードタイムが長くて良いのでしょうか?

上記の図のように即時性の高いリードをその場でクロージング可能です。 ノンアポ

新規営業効率化AIの影響

AI(人工知能)の進化はビジネスの多様な分野での活用を可能にし、特にマーケティングと営業の領域において効率的なリード獲得がビジネス成功の鍵となっています。このセクションでは、新規営業効率化におけるAIの影響、営業職および組織の未来、AIを活用した営業のメリットとデメリットについて探求します。

営業職・組織の未来

デジタルトランスフォーメーションの加速とAIおよびビッグデータの活用拡大は、 営業職および組織に大きな影響を与えています。AIツールの台頭により、データ解析が進化し、リード獲得のプロセスが自動化され、最適化されています。これにより、営業職の役割は変化し、より戦略的な活動に集中することが求められるようになります。

AIを活用した営業のメリット

作業時間の削減:AIの活用により、営業活動の効率化が期待でき、従業員一人ひとりの作業時間削減に繋がります。 人間にしかできない仕事への集中:AIに任せられる業務と人間にしかできない仕事を明確に分け、顧客とのコミュニケーションなど、より質の高い業務に集中できます。 データドリブンな営業:蓄積されたデータを活用し、AIが提案する効率的な営業方針により、営業の品質と効率を同時に高めることが可能です。

AIを活用した営業のデメリット

導入コスト:AI導入には初期コストがかかり、データの質・量を高めるための努力が必要です。 中には初期費用ゼロ、月額3.3万円から利用できる法人営業AIツールもありますので検討してみるのもおすすめです。 運用・保守の必要性:AIの精度を維持・向上させるためには、定期的なメンテナンスが必要であり、適切な運用・保守が求められます。 AIリテラシーの必要性:AIを効果的に活用し、成果に繋げるためには、従業員一人ひとりがAIに関する知識を持つことが重要です。 AIと人間の協働による生産性の向上は、今後の営業活動において不可欠です。AIの導入が広がる中で、AIに関する知識を深め、業務効率化や生産性向上に繋げることが、企業にとって重要な戦略となります。 AI技術の進化と共に、営業活動を支援するAIサービスの選択肢も増えているため、自社のニーズに合ったサービスを選択し、効果的な営業活動を実現しましょう。  

新規営業でAIを活用するポイント

業務を明確化する

AIツールの導入にあたっては、まず現在の営業プロセスを明確に理解し、どの業務にAIを活用するかを決定することが重要です効率的なリード獲得のためには、ターゲット顧客の特定、コンタクトポイントの設定、フォローアップ戦略の策定など、具体的な業務フローを設計する必要があります。 例えば、リード獲得をAIで自動化する など。  

新規顧客獲得までの精度を高める

AIツールを活用することで、リードの質を向上させ、新規顧客獲得までの精度を高めることができます。AIによるデータ分析は、顧客の行動パターンやニーズを深く理解することを可能にし、 よりパーソナライズされたアプローチを実現します。これにより、見込み客との関係構築がスムーズになり、成約率の向上が期待できます。

営業職にしかできない業務を大切にする

AIツールの導入は、営業職の業務を自動化し、効率化することを目的としていますが、人間にしかできない業務の価値も同時に認識することが重要です。 顧客との信頼関係構築や、複雑なニーズへの対応など、AIでは代替できない要素に注力し、営業職のスキルアップを図ることが、AIツール導入の成功につながります。  

法人営業AIツール「リードダイナミクス」の紹介

フォームマーケティングとは

コーポレートサイトのお問い合わせフォームを経由して新規の営業を行なっていく手法です。
コロナやテルハラなどで電話営業がしにくくなった昨今、電話を行わない営業手法として注目を浴びています。


62.8%が「会社への電話を不要と感じることがある」と回答 「会社への電話を受けた際に、不必要な電話だと感じることはありますか」という設問では、回答者の62.8%、新入社員に限ると64%が「とても感じる」「まぁまぁ感じる」と回答。「取り次ぎがムダだから」「部長と電話が共通だったが、管理職は携帯持ちなので直接携帯にかけて欲しい」「たいした要件でもない電話や、簡単な確認や質問事項など、マニュアルや案内を再確認するか、メールで対応可能だと思うことが多い」などの声が挙がった。
引用:https://saleszine.jp/news/detail/2397  

フォームマーケティングをAIで自動化

Lead Dynamics(リードダイナミクス)とは、簡単に見込み客を見つけ出せる支援サービスです。 システムは使いやすくてシンプルです。利用者と商品・サービスをつなげるUIや複数のサイト分析機能が搭載されています。ノウハウが蓄積されたAIを導入すれば、自動のフォームマーケティングが活用できます。 新規営業でAIを活用し効率化 新たなビジネスチャンスを探し、新規の顧客を獲得することは、企業成長の鍵です。しかし、新規営業は多くの課題を伴い、リソースと時間を必要とします。ここでAI(人工知能)が、新たな展望を切り開く手助けをしてくれます。「リードダイナミクス」というアプローチを通じて、新規営業におけるAI活用のメリット。AIの力を借りて、新たなビジネス機会を掴む新規営業の未来を探ります。 AIツールの特徴を紹介(リードダイナミクス)
AIツールの特徴を紹介(リードダイナミクス)
【AIによる送信スピードの速さ、送信成功率に強みがあります】
  • ■RPAではなく機械学習を施したAIがターゲット企業のお問い合わせフォームを検知し、 記入から送信まで全自動で実行可能。
  • ■作業時間約3分で1000件アプローチ(予約機能を使えば一度に7,000件アプローチが可能です)
  • ■1日の送信上限なし。プラン内の件数であれば何件でも送信可能です。
  • ■SPA(シングルページアプリケーション)で構築されている為、滑らかに動く快適なUIになっており、 送信処理も全てクラウドで行う為、PCに負荷がかかりません。詳しくはこちら
  • ■送信成功率 約70〜80%(弊社調査による)。
  • ■機械学習を施したAIが送信するため日々送信成功率は向上していきます。
  • ■フォーム付近の営業NG文言を自動検知し除外。1週間以内に送信している企業に送る際は注意喚起(アラート表示)
  • ■送信失敗は送信可能件数から差し引かれません (選択されたプランの料金はいただきますが、 システム上は送信失敗は送信可能件数から差し引かれません)。
  • ■送信できなかった場合の理由を送信結果の詳細に明記。
  • ※詳しくは、サービスサイトをご覧ください。
    https://lead-dynamics.com/
    https://lead-dynamics.com/
    営業禁止文言もAIが自動で除外します。詳しくはこちら
     

    問い合わせからフォーム記入・送信までが全自動で対応可能

    Lead Dynamicsはさまざまな使い方ができます。 例えば、属人化を防ぐフォーム営業の自動化や、潜在ニーズにアプローチをおこなえるでしょう。 Lead Dynamicsを使う時、最初に問い合わせフォームを作成します。氏名、会社名、メールアドレスなど送信する内容を入力しましょう。 次に、会社名やURLが記載されたリストデータをセット。 最後にアップロードをすれば自動で送信が開始されます。 送信成功率は70%〜80%で非常に高い効果を得ています。多数の問い合わせフォームから学習したデータをもとに、広範囲の問い合わせフォームへ送信が可能です。  

    まとめ

    AI技術の進化は、新規営業の効率化に革命をもたらし、企業の競争力を高めるための重要な要素となっています。AIを活用した新規営業は、効率的なリード獲得、競争優位性の維持、時間コストの削減など多くのメリットを提供します企業は、これらのメリットを最大限に活用し、持続可能な成長を目指す必要があります。
     

    「AIフォームマーケティング」✖︎「ノンアポ」で即商談化。

    さらにこのAIフォームマーケティングと相性がとてもよく、更に商談化を促進する施策がこの「ノンアポ」です。 アポ取りではなく、即商談です!まさにノンアポです。

     

    なぜAIフォームマーケティング✖︎「ノンアポ」の相性が良いのか?

    それは AIフォームマーケティングの予約機能を使い予めLPにトラフィックが集まる時間帯を予測でき、 「即時性の高いリード」を獲得できるからです。

     
    画像

    上記のこの図の通り、「AIフォームマーケティング」は時間になったら一度に1000件から7000件まで短時間でアプローチすることができます。 更に予約機能があるので例えば平日の午前中に1000件送信すれば大体何件くらいのトラフィックが集まる。という事が事前に予測が可能な為、ノンアポと相性が良いのです。 逆にその他広告と相性があまり良くない利用としてはトラフィックが集まる時間帯が予測できないからです。

     
    画像

    他社のプラットフォームに依存しない所もメリットの一つです。 いかがでしょうか。 「AIフォームマーケティング✖︎アポなし商談」を有効活用し商談数を上げていけるイメージがついたのではないでしょうか?

    「ノンアポ」の費用対効果も良好です。

    画像

    年間契約であれば月一万円以下の予算で使う事ができますので一件でも商談になれば採算が取れる可能性があります。

    設置事例 500UU(ユニークユーザー) のサイトに設置。1ヶ月間で6商談獲得。

    今すぐに商材について「今すぐ細かい内容を聞きたい」「今すぐツールを使いたい」という即時性の高い見込み客(リード)を拾う事ができたので商談数が上昇。

    画像

    月間6商談取得しております。決して多くない数字ですが、月間6商談というのは500UU(ユニークユーザー)での結果になりますので、 UU数が多いサイトであれば更に効果的でしょう。

    「ノンアポ」の導入事例。

    「ノンアポ」の導入事例をご紹介します。 16,500円で月間9商談獲得しております。 詳しくは↓

    ノンアポについては下記からお問合せください。

             

    新規営業AIツール「リードダイナミクス」とは

    リードダイナミクスは新規営業のための革新的なAIツールです。このツールは以下の特徴を備えています。

    新規営業を効率化するには同時刻に数千件、予約送信ができるAI搭載のSaasをお使いください。

    前述の通りですが、できるだけ午前中にまとまった件数を送信することでアポ獲得率を高めます。 一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を欠席した場合は送信できません。 予約送信を活用しAIに任せる事で、送信担当が寝坊しても欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。

    それを実現できるのがフォームマーケティング自動化ツールの「リードダイナミクス」です

    リードダイナミクスの特徴 【国内トップクラスの送信スピード、送信成功率を誇ります。

    ■RPAではなく機械学習を施したAIがターゲット企業のお問い合わせフォームを検知し、 記入から送信まで全自動で実行可能。
    ■作業時間約3分で1000件アプローチ(予約機能を使えば一度に7,000件アプローチが可能です)
    1日の送信上限なし。プラン内の件数であれば何件でも送信可能です。
    ■SPA(シングルページアプリケーション)で構築されている為、滑らかに動く快適なUIになっており、 送信処理も全てクラウドで行う為、PCに負荷がかかりません。
    ■送信成功率 約70〜80%(弊社調査による)。
    ■機械学習を施したAIが送信するため日々送信成功率は向上していきます。
    ■フォーム付近の営業NG文言を自動検知し除外。1週間以内に送信している企業に送る際は注意喚起(アラート表示)
    ■送信失敗は送信可能件数から差し引かれません (選択されたプランの料金はいただきますが、 システム上は送信失敗は送信可能件数から差し引かれません)。
    ■送信できなかった場合の理由を送信結果の詳細に明記。
    ※詳しくは、サービスサイトをご覧ください。


    https://lead-dynamics.com/

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。

    テレアポ受付突破にも使えるAIツール

    受付突破率が0%から20%へ上がったAIツールとは

    リードダイナミクス」と呼ばれる革新的なAIツールは、テレアポの受付突破率を飛躍的に向上させた事例がございます。このツールは機械学習を活用して、ターゲット企業の問い合わせフォームを自動で検知し、記入から送信までを全自動で行います。 これにより、営業担当者は手作業での時間を大幅に削減し、より多くの潜在顧客にアプローチすることが可能になります。

    AIツールとテレアポを使い受付突破

    リードダイナミクスを使用することで、受付突破のプロセスが変化します。従来のテレアポと異なり、AIツールは先に潜在顧客の問い合わせフォームに自社の情報や営業文を送信し、その後にテレアポでフォローアップを行うことで、受付突破の確率を高めます。これにより、営業担当者は直接的な拒否反応を受ける可能性を減少させ、効果的にコミュニケーションを図ることができます。
    この図のようにリードダイナミクスを使って問い合わせフォームから予約送信で自動でアプローチしておき、 その後、午後にテレアポでフォローの電話をしていく。 その際に冒頭で
    先ほどHPからお問合せさせていただきました、〇〇株式会社の〇〇です。 サービスについて伺いたい為、担当者様にお繋ぎいただけますか?

    この一言で受付突破率が20%上がった事例がございます。

    是非、トークスクリプトも盛り込んでみてください。
    ※受付突破できること(商談獲得)等を含め、保証するものではありません。   最後に、テレアポの受付突破は、戦略的思考、効率的なツールの活用、そして継続的な改善によって達成されます。AIツールのような先進技術を活用し、顧客との関係を強化しながら新しい営業機会を探求しましょう。
       

    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」とは

    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

    AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。
    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。
    短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。
    予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。
    ※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

    リードタイムも大幅削減へ

    送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。
    BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。

    さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。
    ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。
    また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。


    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」の特徴

    送信成功率 約70%〜80%


    様々なお問い合わせフォームを学習 RPAではなく弊社Saasには機械学習を施したAIが搭載されております。 その為高い送信成功率が特徴です。 日々AIが様々な形式のフォームを学習しておりますので今後更に送信成功率は上昇します。

    国内複数のお問い合わせフォームを学習させたデータや、NGワード等の検出をデフォルトで提供することで、モラルを保ちつつ学習データを駆使し様々なレパートリーのお問い合わせフォームに送信する事が可能です。

    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。
    ※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによりブラウザの起動失敗、お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されない、キャプチャで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出。

    営業禁止は自動除外

    フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

    フォーム付近に「営業はご遠慮ください」などの文言が明記されている場合、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しております。

    何度も同じ会社に送らないように、注意喚起

    同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。

    システマチックにNGリストを管理できる為、ヒューマンエラーを未然に防ぐ事ができます。

    NGリストに登録されている企業様は送信除外

    SaaSにNGリストを登録できる為、NGリストに登録しておけば今後一切その企業には送らない設定が可能です。 すでにお取引がある企業様などをNGリストに登録しておくと事前にリスト被りを防げます。また、何名かでリードダイナミクスを利用する際もNGリストが一元管理されているのでチームで送る際はとても便利です。

    問い合わせフォーム自動送信AIツール導入企業様の声

    実際に問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」を導入していただいた企業様にインタビューを行ってみました。

    問い合わせフォーム自動送信AIツールのまとめと今後の展望

    2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。それでは、2023年のリード獲得AIツールの動向と、法人営業担当者への最終的なアドバイスについて見てみましょう。 2023年のリード獲得AIツールの動向 今年は、データ分析の高度化や自動化の拡大により、多くの企業がリード獲得の効率を大きく向上させることができました。特に、AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、以下の3つのポイントを心に留めておくことをおすすめします。
      1. ニーズの特定: どのようなリードを獲得したいのか、具体的なニーズを明確にすることが最も重要です。その上で、適切なAIツールを選定することができます。
      1. 継続的な学習: AIツールの導入は、一度きりのものではありません。市場や技術の変化に合わせて、ツールの更新や改善を継続的に行うことが必要です。
      1. 効果測定: AIツールの導入後、定期的にその効果を測定し、必要に応じて改善策を検討することで、より高いリード獲得効果を実現できます。
    このように、2023年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。


    ContactUs

    導入をご希望の方はこちらからお問い合わせください
    貴社サービスの成長をLeadDynamicsが支援致します。

    この事例をみた方は
    下記の様な記事も読んでいます。