Blog single

フォーム営業で返信率を高める文面とは?例文あり

“Human Enhancement with creativity.”

体験を豊かに世の中を滑らかに
目次

今回はフォーム営業の返信率について解説して行きます。

フォーム営業は、BtoB営業において重要なコミュニケーションツールの一つです。 しかし、多くの場合、送信したフォームからの返信を得ることは容易ではありません。返信率を高めるためには、相手の注意を引き、関心を持ってもらえるような工夫が必要です。この記事では、フォーム営業で返信率を向上させるための効果的な文面の作り方に焦点を当てます。 例文を交えながら、受信者の興味を引き、ポジティブな反応を促すための具体的なテクニックを紹介していきます。成功へのカギは、相手に価値を提供すること、そして、そのメッセージを如何に効果的に伝えるかにあります。それでは、返信率を大幅に改善するための文面作成の秘訣を見ていきましょう。

法人向けのリード獲得方法には様々な手法がありますが、 (SEO、コンテンツマーケ、テレアポ、イベント出典、手紙送付)など、

今回はフォーム営業の返信率にフォーカスした記事になります。

実は「フォームマーケティング」と言ってもある程度ノウハウがあります。 今回はフォームマーケティング成果をあげる為の方法について簡単にご説明していければと思います。

フォーム営業の有効性を理解する。

そもそもフォームマーケティングとは?なんぞやと思った方はこちらの記事を読んで頂ければ理解できると思います。

フォームマーケティングとテレアポをセットで行う有効性↓

フォーム営業経由のアポはホットリード?

関心度が高い企業のみ返事がくる可能性が高いです

下記の図のようにフォームマーケティングは商材の理解をした上で返事がきます。(アポになります)

画像

マッチングサイトやその他テレアポなどのアウトバウンド系のリード獲得ツールで取得したアポはニーズが顕在化していない為、要点がわかりずらくフワッとして終わる可能性が高いです。

一方で

フォームマーケティングで獲得したアポイントは

お送りした営業文に対して、 クライアント側は文面の内容を読み返信を頂いている為、 ニーズが顕在化している可能性が高いのです。

商材をしっかり理解したクライアントと商談になる為ホットリードと言えるでしょう。

 

フォーム営業はテレアポよりも商材の特徴などをテキストやURLで訴求できる

 
画像

上記のようにテレアポでは訴求しずらい商材があると思います。

例えばデザイン会社やシステム開発会社、動画制作会社、SNS運用、などは確実にフォームマーケティングの方がサービスのHPやLPのURLを文面に差し込める為、相性がとても良いです。  

サービスのHPやLPのURLを文面に差し込める

営業文の例

-上場企業が複数社ご利用中です-
お世話になります。
テスト株式会社のテストです。

今回、貴社のPR・営業業務の一部を弊社のAIフォームマーケティングにて
ご支援させて頂きたくご連絡致しました。

6万円で30アポ獲得した事例があります。
サービスHP:https://test.com/
※予約機能を使えば7000件アプローチ可能です。

オンラインにて、30分−1時間ほど
ご都合の良いお時間をいただくことは可能でしょうか。
~~~~~~~^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
省略
~^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

上記のようなイメージで実績やサービスの金額が書かれたURLを差し込みクライアント側にweb上で見せる事ができます。

営業された側も商材をしっかり理解できる為、理解した上で商談になりやすいのです。
 

メールとフォームマーケティングの違い。

画像 ※他社サービスの機能や効果の正当性について保証するものではありません。

メールDMツールのメールは迷惑メールボックスに行きがちです 少し考えてみればわかると思いますがメールDMは多くの場合メール配信ツールを使う為、外部のサーバーから送信されます。 という事は上記の図ようにクライアントとは別のサーバーから送信されるのです。

フォームマーケティングはHPが乗っているサーバーから送信される

一方で「フォームマーケティング」はクライアントの

HPのお問い合わせフォームを経由して送信される為、クライアントのHPが乗っかっている同じサーバーからメールが送信されるます。同じサーバーから送信されるメールは信頼性がある為、迷惑メールボックスには入りにくくなるのです。

メールアドレスが変わっていて送れない可能性がある

リストが劣化していくとメールDMに利用されるメールアドレスが変更されている可能性が高いです。 セミナー案内の為にメール配信をしようとした場合、まずはメールアドレスの一覧を取得してツールから一気に送信すると思いますが、そもそもそのリストが古くなっており、使えないメールアドレスが複数混在している場合があります。

お問い合わせフォームから受け取ったメールをSlackに転送しているケースが増えている。

 
画像

各企業様々ですが フォーム受信文を原型のまま 社内で使っているメッセージツール(Slack、chatworkなど)に自動転送しているケースが増えております。(自社調べ)

その為、文面を変えつつ何度か送信しておくと ニーズが顕在化した際に第一想起を得やすくなるのです。

また、

役職者からメンバーの方など複数の関係者が見ている可能性があり、以前よりimp数が高くなっている可能性があります。

フォーム営業で効果が出ないと感じたらまず見直してほしい事3点

送信する時間帯は適切ですか?

結局フォーム営業すべき最適な時間帯はいつなの?

早速結論↓

月曜日を除く平日の午前中(8時から11時)がベストです。

 
画像

理由について

ターゲットクライアントがメールを捌く時間だからです。会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスを見る時間が長くなります。

なので、アポ獲得率を上げるにはその時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

また、15時あたりもおすすめです。

画像
営業メールの開封率は 15時に急増すると言われています。
引用;https://www.revenue.io/prospecting-data

フォーム営業メールを送るのに最適な日は?

セールやプロモーションを含むメールを送信するのは #火曜日 がおすすめです。

画像

調査では、メールマーケティングのエンゲージメントが最も高い日は? 火曜日が27%、19%が月曜日、17%が木曜日と米国の市場関係者が回答した

引用:https://blog.hubspot.com/marketing/best-time-to-send-email

そこで

フォーム営業の実施する際、気をつけて頂きたいポイントがございます。

✅短時間で数千件処理できるSaasをお使いください。
✅人力で素早く送るには限界があるので自動化Saasをお使いください。
✅同じ時間に数千件、予約送信ができるAI搭載のSaasをお使いください。

一つずつ解説していきます!🍒

短時間で数千件処理できるSaasをお使いください。

前述の通り

月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスを見る時間が長くなります。その時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

なのでアポ獲得率を上げるには午前中に出来るだけ複数の企業に送り切る必要があります。フォーム営業を支援するツールは複数存在しますが短時間で数千件処理できるSaas選択する方がアポの確率を高めます。

画像

人力で素早く送るのは限界があるので自動化Saasをお使いください。

人力でフォーム送信を行う場合1時間におそらく50件が限界かと思いますので自動化できるSaasを検討頂くのがベストです。

時間をお金で買いましょう。ビジネスの鉄則です。

画像

同じ時間に数千件、予約送信ができるAI搭載のSaasをお使いください。

前述の通りですが、できるだけ午前中にまとまった件数を送信することでアポ獲得率を高めます。 一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を欠席した場合は送信できません。 予約送信を活用しAIに任せる事で、送信担当が寝坊しても欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。

 

フォーム営業の文面を作成する時に気をつけてほしい点(例文あり)

適切な文字数は?

まず、営業メールの最適な長さは400文字程度です。 なので出来るだけ伝えたい事を簡潔に400から500文字くらいにするのがおすすめです。 さらに

単刀直入に、商材のメリット、費用対効果、導入すると享受できる便益などを文面の冒頭に持ってくるのが良いでしょう。
 

テキストが約 20 行テキスト(およそ400文字)の電子メールが、電子メール購読者からのクリックスルー率が最も高くなることがわかりました。

引用:https://blog.hubspot.com/sales/ideal-length-sales-email
画像 引用:https://blog.hubspot.com/sales/ideal-length-sales-email

営業メールの理想的な長さ Boomerang のデータによると、50 ワードから 125 ワードまで(=400文字程度)の電子メールの応答率が 50% を少し超える程度で最も優れていました。

引用:https://blog.hubspot.com/sales/ideal-length-sales-email

参考文面と一緒に解説していければと思います。

 
画像

文面各所をそれぞれ解説して行きます。

 広報、採用担当者様へ
今月限定!1ヶ月6000円で求人掲載が可能ですー

↑冒頭は一番大事です。 どの部署宛の連絡なのか? 期間限定的な要素、と定量的な 価値を訴求しましょう。

今回、貴社の採用業務の一部を弊社の〇〇採用メディアにて
ご支援させて頂きたくご連絡致しました。

↑何を支援する、何を改善する為のサービス(商材)なのか? はわかりやすく記載しましょう。

特徴→現在120社以上の掲載実績と高い顧客満足度、
サービス内容で効果の高い採用メディア提供します。

↑商材の実績や導入社数などの特徴や セールスポイントは必ず記載しましょう。

サービスHP:https://test.com/
こちらオンラインにてお時間を頂くことは可能でしょうか。
クラウドカレンダーURL ご返信お待ちしております。

↑全てを文章で訴求するのは伝わりずらい為
サービスの価値を訴求できるLPやPDFは必ず 用意しておきましょう。
クリエイティブには投資 した方がアポ率が高まります。
(クリック計測などのURLは迷惑メールボックスやクリック率低下になりやすい為お勧めしません。) ↑予め打ち合わせ日程の候補日かクラウドカレンダーツールのURLを提示しておくと 一回のラリーで終わるので返事をもらいやすいです。

逆にフォーム営業の返信率が低くなる文面

下記のような文面に なっておりませんでしょうか。
効果がでずらくなります。

フォーム営業で成果が出ている会社は下記の点に気を使っております。


簡潔に弊社と取引するとどのようなメリットがあるか?を定量的に訴求できる企業様は相性が良いです。

■LP、HPが洗礼されている(デザイン性が高く、サービスの内容がわかりやすい)

サービスの特徴、実績、導入事例、料金、などがわかりやすく記載されている。 フォーム営業の際、営業文章にLPがHPのURLを入れて送ることが多いが、その内容が洗礼されていないとアポに繋がりにくいです。

参考: https://lead-dynamics.com/
■費用対効果がわかりやすい(定量的な訴求をしている)
web制作会社であれば
  • ・採用サイトをリニューアルし応募数が30%アップしました。
  • ・ECサイトのデザインをリデザインし購買率が2倍になった事例があります
  • ・製品紹介パンフレットをリデザインした事によりアプリのDL数が20%上がったなど
  • BtoB Saasであれば
  • ・導入した事により残業時間が50%削減できた事例があります
  • ・約25分で1000社へアプローチ可能です。
  • ・6万円のプランで30アポ取得した事例があります。
  • 採用代行会社であれば
  • 2ヶ月で15名採用された事例があります。
  • ・採用コスト50%カットできる可能性があります。
  • SNSマーケ・インフルエンサーマーケ系会社であれば
  • CVR250%アップに寄与したインフルエンサーとその取り組みの事例をご案内します!
  • ・CTRが別媒体の広告に比べ2倍上昇し、2,800件以上のCVを獲得
  • 同じ文面を何度も送らない。PDCAを回しておりますか?

     

    正直、同じ担当者で同じ会社に何回も送って効果はありません。 テレアポもそうですが、男性担当者より女性担当者の方が同じ商材なのにも関わらずアポを沢山取れたりします。

     
    画像

    フォームマーケティングでもこれば同じ事がいえます。同じ商材でも送る文面を変えたり、送る担当者を変えたりする事でアポに繋がる事があります。

    また、同じ商材でも送る文面を変えたり、送る担当者を変えたりするれば、同じ営業リストでも有効活用する事ができます。 同じリスト、同じ商材でも文面と送信する担当者をローテーションしていく事が大事です。

    この作業をワンクリックでできるツールがございます。

    https://lead-dynamics.com/

    送信担当者は5名までテンプレ化する事ができ、営業の文章パターンは合計15パターンまでテンプレ保存が可能です。

    更に効果を高めるプラスアルファのツール

    さて、ここまでフォーム営業でうまくいかない時に改善すべき点をお話ししてきました。重要性と非効率な手法を考え直すきっかけをお話しできたかと思います。 ここからは更にフォームマーケティングの成果を高めるべく、 実際に私が人力フォーム営業やテレアポではない全く属人化しない方法で新規アポをしっかり取れている方法をお話ししたいと思います。 おすすめツールは下記2点です。

    ・リードダイナミクス(https://lead-dynamics.com/)
    ノンアポ(https://non-appoint.com/)

    「AIフォームマーケティング」✖︎「ノンアポ」で即商談化。

    さらにこのAIフォームマーケティングと相性がとてもよく、更に商談化を促進する施策がこの「ノンアポ」です。 アポ取りではなく、即商談です!まさにノンアポです。

    なぜAIフォームマーケティング✖︎「ノンアポ」の相性が良いのか?

    それは AIフォームマーケティングの予約機能を使い予めLPにトラフィックが集まる時間帯を予測できるからです。

    画像

    上記のこの図の通り、「AIフォームマーケティング」は時間になったら一度に1000件から7000件まで短時間でアプローチすることができます。 更に予約機能があるので、例えば平日の午前中に1000件送信すれば大体何件くらいのトラフィックが集まる。という事が事前に予測が可能な為、ノンアポ と相性が良いのです。

    逆にその他広告と相性があまり良くない理由としてはトラフィックが集まる時間帯が予測できないからです。

    画像

    他社のプラットフォームに依存しない所もメリットの一つです。
    いかがでしょうか。 「AIフォームマーケティング✖︎アポなし商談」を有効活用し商談数を上げていけるイメージがついたのではないでしょうか?

    「ノンアポ」の費用対効果も良好です。

    画像

    年間契約であれば月一万円以下の予算で使う事ができますので一件でも商談になればペイできてしまうのです。

    設置事例 500UU(ユニークユーザー) のサイトに設置。1ヶ月間で6商談獲得。

    今すぐに商材について「今すぐ細かい内容を聞きたい」「今すぐツールを使いたい」という即時性の高い見込み客(リード)を拾う事ができたので商談数が上昇。

    画像

    月間6商談取得しております。決して多くない数字ですが、月間6商談というのは500UU(ユニークユーザー)での結果になりますので、 UU数が多いサイトであれば更に効果的でしょう。

    その他の導入事例

    フォーム営業とAIについて

    フォーム営業における返信率を高めることは、適切なコミュニケーション戦略と効果的な文面作成によって実現可能です。本記事では、受信者の関心を引き、エンゲージメントを促進するための文面作成のテクニックを例文と共に紹介しました。
    ポイントは、受信者のニーズや興味に対して価値を提供し、そして明確で簡潔なメッセージングを心がけることです。また、受信者に行動を促すクリアなコールトゥアクションを含めることも重要です。
    成功の鍵は、受信者との関係構築にあります。それには、相手の時間を尊重し、関連性の高い情報を提供することが不可欠です。
    今回紹介したテクニックを活用すれば、フォーム営業における返信率の向上につながるだけでなく、長期的なビジネス関係の構築にも寄与します。最終的には、これらの戦略が貴社のマーケティング努力全体にプラスの影響を与え、目標達成への道をよりスムーズにすることでしょう。
       

    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」とは

    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

    AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。
    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。
    短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。
    予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。
    ※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

    リードタイムも大幅削減へ

    送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。
    BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。

    さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。
    ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。
    また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。


    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」の特徴

    送信成功率 約70%〜80%


    様々なお問い合わせフォームを学習 RPAではなく弊社Saasには機械学習を施したAIが搭載されております。 その為高い送信成功率が特徴です。 日々AIが様々な形式のフォームを学習しておりますので今後更に送信成功率は上昇します。

    国内複数のお問い合わせフォームを学習させたデータや、NGワード等の検出をデフォルトで提供することで、モラルを保ちつつ学習データを駆使し様々なレパートリーのお問い合わせフォームに送信する事が可能です。

    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。
    ※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによりブラウザの起動失敗、お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されない、キャプチャで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出。

    営業禁止は自動除外

    フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

    フォーム付近に「営業はご遠慮ください」などの文言が明記されている場合、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しております。

    何度も同じ会社に送らないように、注意喚起

    同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。

    システマチックにNGリストを管理できる為、ヒューマンエラーを未然に防ぐ事ができます。

    NGリストに登録されている企業様は送信除外

    SaaSにNGリストを登録できる為、NGリストに登録しておけば今後一切その企業には送らない設定が可能です。 すでにお取引がある企業様などをNGリストに登録しておくと事前にリスト被りを防げます。また、何名かでリードダイナミクスを利用する際もNGリストが一元管理されているのでチームで送る際はとても便利です。

    問い合わせフォーム自動送信AIツール導入企業様の声

    実際に問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」を導入していただいた企業様にインタビューを行ってみました。

    問い合わせフォーム自動送信AIツールのまとめと今後の展望

    2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。それでは、2023年のリード獲得AIツールの動向と、法人営業担当者への最終的なアドバイスについて見てみましょう。 2023年のリード獲得AIツールの動向 今年は、データ分析の高度化や自動化の拡大により、多くの企業がリード獲得の効率を大きく向上させることができました。特に、AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、以下の3つのポイントを心に留めておくことをおすすめします。
      1. ニーズの特定: どのようなリードを獲得したいのか、具体的なニーズを明確にすることが最も重要です。その上で、適切なAIツールを選定することができます。
      1. 継続的な学習: AIツールの導入は、一度きりのものではありません。市場や技術の変化に合わせて、ツールの更新や改善を継続的に行うことが必要です。
      1. 効果測定: AIツールの導入後、定期的にその効果を測定し、必要に応じて改善策を検討することで、より高いリード獲得効果を実現できます。
    このように、2023年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。


    ContactUs

    導入をご希望の方はこちらからお問い合わせください
    貴社サービスの成長をLeadDynamicsが支援致します。

    この事例をみた方は
    下記の様な記事も読んでいます。