Blog single

【2024年版】問い合わせフォーム営業の代行サービス比較12選!

“Human Enhancement with creativity.”

体験を豊かに世の中を滑らかに
目次
新規営業や事業拡大することは、どの企業にとっても重要な目標です。しかし、伝統的な営業手法、特にテレアポ(電話営業)は、今日ではさまざまな理由から効果を発揮しにくくなっています。この記事では、なぜ問い合わせフォーム営業代行サービスが有効なのか?また、返信率を高める為のノウハウとおすすめの問い合わせフォーム営業代行サービスについて解説します。

新規営業の現状

新規営業の世界は、常に進化しています。しかし、テレアポを主軸とした営業方法は、効率性が問われるようになりました。調査によると、多くの社員が会社への電話を不要と感じることがあり、
約60%の社会人が電話業務に苦手意識を持っていると報告されています。
これは、ビジネスコミュニケーションの方法が変化している証拠です。

テレアポの限界

テレアポの受け入れが難しい最大の理由は、外的要因と内部要因の両方にあります。外的要因としては、多くの企業が電話営業を断る方針を取っていることが挙げられます。これは、業務の中断や作業効率の低下を避けるためです。また、リモートワークの普及により、電話受付を外注する企業も増え、直接的な電話営業が困難になっています。
62.8%が「会社への電話を不要と感じることがある」と回答 「会社への電話を受けた際に、不必要な電話だと感じることはありますか」という設問では、回答者の62.8%、新入社員に限ると64%が「とても感じる」「まぁまぁ感じる」と回答。「取り次ぎがムダだから」「部長と電話が共通だったが、管理職は携帯持ちなので直接携帯にかけて欲しい」「たいした要件でもない電話や、簡単な確認や質問事項など、マニュアルや案内を再確認するか、メールで対応可能だと思うことが多い」などの声が挙がった。
引用:https://saleszine.jp/news/detail/2397

問い合わせフォーム営業代行サービスの現状と重要性

このような状況の中、問い合わせフォーム営業代行サービスが注目されています。これらのサービスは、企業が直面するテレアポの限界を克服し、新しい営業チャンスを生み出すための有効な手段を提供します。問い合わせフォームを通じた営業は、ターゲットとなる企業や顧客に直接アプローチすることができ、テレアポに比べて受け入れられやすい傾向にあります。

上記のようにテレアポでは訴求しずらい商材があると思います。

例えばデザイン会社やシステム開発会社、動画制作会社、SNS運用、などは確実にフォームマーケティングの方がサービスのHPやLPのURLを文面に差し込める為、相性がとても良いです。  

問い合わせフォーム営業代行サービスの役割

このサービスの最大の役割は、企業の営業プロセスをアウトソースし、効率化することにあります。特に、テレアポのような伝統的な営業方法では、対象となる顧客に直接連絡を取ることが難しくなっています。それに対して、問い合わせフォーム営業代行サービスでは、潜在顧客が自ら情報を求める形式を取るため、商材に対する関心度が自然と高まります。   さらに、このフォーム営業は、商材の特徴を詳細に説明する機会を提供しますテキストやURLを用いてサービスの詳細や実績などを紹介することで、潜在顧客に商材を深く理解してもらうことが可能です。 例えば、デザイン会社やシステム開発会社など、特定の専門性を要するサービス提供者にとっては、その特性を正確に伝えることが重要です。
問い合わせフォーム営業代行サービスを利用することで、潜在顧客に対してより効果的にアプローチすることができます。
  このサービスの利用によって、企業は人材コストの削減、効果的な成果測定、そして広範囲へのアプローチが可能になります。
しかし、クレームのリスクやリストの質に依存するというデメリットも理解しておく必要があります。
問い合わせフォーム営業代行サービスを選択する際には、これらの点を考慮し、自社のニーズに合ったサービスを選択することが重要です。

 

問い合わせフォーム営業AIツール「リードダイナミクス」とは?

営業活動のデジタル変革は、企業が新たな顧客を獲得し、市場での競争力を高めるために不可欠です。この変革の最前線にあるのが、問い合わせフォーム営業AIツールです。このツールは、営業プロセスの自動化と効率化を可能にし、企業にとって大幅な時間削減とリソースの最適化を実現します。

作業時間3分で新規1000社へのアプローチ

従来の手法では考えられなかったスピードで、
AIツールを使用することにより、わずか3分の作業時間で1000社にフォーム営業することが可能です。
これは、人の手による営業活動では到底不可能なスケールです。企業はこの迅速なアプローチを利用して、広範囲にわたる潜在顧客に効果的にリーチし、ビジネスの成長機会を増やすことができます。
AIサービスの役割
問い合わせフォーム営業AIツールは、ただ速いだけでなく、機械学習技術を活用してお問い合わせフォームを検知し、適切に記入から送信までを全自動で行います。この高度な技術により、送信成功率は約70〜80%に達し、日々その精度は向上しています。 さらに、このAIツールは営業NG文言を自動で検知し除外する機能や、直近1週間以内に送信した企業に再送する際のアラート表示機能を備えています。これらの機能により、企業はクレームのリスクを最小限に抑えながら、効率的に営業活動を展開することが可能です。
企業にとってのメリット
問い合わせフォーム営業AIツールの導入により、企業は人材コストの削減や効果的な成果計測、そして広範囲なアプローチが可能になります。特に、BtoBマーケティングにおいては、SEOやウェビナーなど他の集客方法に比べ、準備や実施に要する工数と時間を大幅に削減できる点が大きなメリットです。  

おすすめの問い合わせフォーム営業代行サービス12選

営業のデジタル化は企業にとって避けられない進化です。特に問い合わせフォーム営業代行サービスは、効率的かつ効果的な新規顧客獲得の手段として注目を集めています。ここでは、特に注目すべき12のサービスの特徴と料金プランを比較します。

内職市場

出典:https://naisyoku-ichiba.co.jp/
  • 特徴: 豊富なノウハウと国内最大級のワーカーネットワークを駆使し、一件ずつ丁寧に問い合わせフォームを通じたアプローチを代行します。
  • 料金プラン:
    • BASIC: 30円/件
    • FORM plus: 50円/件
    • LIST plus: 70円/件
    • CHOICE: 40円/件

リードダイナミクス(AI搭載)

「リードダイナミクス」は、AI技術を駆使してターゲット企業のお問い合わせフォームを自動で検知し、記入から送信まで全自動で実行するサービスです。このサービスの最大の特徴は、高度な機械学習技術により、日々送信成功率が向上していく点にあります。
さらに、「営業を目的としたお問い合わせはご遠慮ください」などのフォーム付近の営業NG文言を自動で検知し除外する機能や、1日の送信上限なしで利用できる柔軟性も魅力です。
料金は1500件送信で3.3万円〜となっており、送信失敗分はカウントされません。  

SakuSaku

出典:https://sakusaku.site/
  • 特徴: 手間をかけずに半自動的に商談を取ることが可能で、特に飛び込み営業やテレアポの代替として利用価値が高いです。
  • 料金プラン:
    • スモールプラン: 85円/件
    • スタンダードプラン: 80円/件
    • プレミアムプラン: 75円/件
 

Hirogaru

出典:https://hirogaru.jp/
  • 特徴: 業界最低価格での無制限利用を実現し、使いやすさと柔軟な機能性が魅力です。直感的な操作性で、誰でも簡単に始められます。
  • 料金プラン:
    • 初期費用: 5,000円
    • 月額: 5,800円で無制限利用
 

アイランドブレイン

出典:https://www.islandbrain.co.jp/
  • 特徴: 新規開拓営業の初期アプローチを成果報酬型で代行。営業マンの負担軽減と効率化を図ります。
  • 料金: 成果報酬型、1件あたり16,500円。
  • 効率性とコストパフォーマンス: 高い成果を出すために専門化されたアプローチを提供。成果報酬型のため、コストパフォーマンスは使用状況による。

KAITAK

出典:https://kaitak-sales.com/
  • 特徴: 独自のRPAシステムによる効率的な営業代行。準備は最小限に抑えられます。
  • 料金プラン: トライアルからスタンダードまで多様、1万円〜24万円。
  • 効率性とコストパフォーマンス: スピード感を持ってアプローチが可能。費用は前述のプランにより異なりますが、中長期的な使用で高いROIを目指せます。

テイクウェーブ

出典:https://takewave.net/ 特徴: 幅広いサービス提供により、問い合わせフォーム入力代行を低価格で実施。
料金: 1通あたり36円からの低価格で提供。
効率性とコストパフォーマンス: 低価格でのサービス提供が魅力。手軽に始められる点が評価されます。

リードハンター

出典:https://defacto-com.net/lead-hunter/ 特徴: 200万件を超える法人リストと効果的なセールス文でリード獲得を支援。
効率性とコストパフォーマンス: 効率的なリード獲得が可能。具体的な料金プランは提供されていないが、大規模なリストと専門知識を活用したアプローチが特徴。

ContactDM

出典:https://econos.jp/lp/cdm/ 特徴: ContactDMは、エコノス株式会社が提供する、Webから収集した情報を基にした問い合わせフォーム入力送信代行サービスです。ランディングページへの誘導や資料ダウンロード、セミナー申込みなど、様々な用途で活用できます。
料金: 基本料金は33,000円、送信完了分のみが33円/件となっており、コストパフォーマンスに優れた営業手段を提供します。

APOLLO SALES

出典:https://apollosales.co/ 特徴: APOLLO SALESは、150万件以上の企業情報データベースから営業リストの作成。
新規営業のリスト作成やアポ取りを自動化し、効率的に新規アポを創出するRPAツールを提供しています。営業の自動化を通じて、営業力の強化を図ります。
機能: アタックリストの作成、企業条件のカスタマイズによる抽出、効果測定、導入コンサルティングなどが含まれます。

株式会社エンカレッジ

出典:https://www.encourage-sol.jp/standard/index.html 特徴: ハイブリッド型入力を採用し、自動入力システムと手動入力を組み合わせて問い合わせフォームへの確実な入力を実現します。自動入力システムのみでは対応できないケースにも対応可能です。
料金: 入力完了件数×20円+税というシンプルな価格設定を採用しています。

問い合わせにょーる

出典:https://www.navit-j.com/service/senhor/ 「問い合わせにょーる」は、自動で一斉に複数の企業サイト問い合わせフォームへアプローチできるサービスです。
このサービスの大きな魅力は、初期費用が無料であることと、約2万件の配信先URLが用意されている点です。また、業種別に198種類の分類があり、ターゲットを絞ったアプローチが可能です。
料金はポイント制で、
1ポイント=1円、1~1,000件送信の場合は65ポイント/件となっており、
使用量に応じてポイント単価が変動します。

WEBAPO

出典:https://agent-network.com/webapo/ 「WEBAPO」は、選択したターゲット企業の問い合わせフォームを通じて商材案内を行うサービスです。
1日200社以上のアプローチを実現し、追加の電話や商談設定まで対応可能な多目的なサービスを提供しています。
特に、フォーム送信後のフォローアップまでカバーしている点が特徴で、
料金はサービス利用が月額11,000円(税込)からとなっており、フォーム送信料は営業リストの有無に応じて異なります。  


問い合わせフォーム営業代行サービスの導入は、多くのメリットを企業にもたらしますが、成功を確実にするためには戦略的な計画と実行が不可欠です。
サービス選択時には、リストの質やターゲットとのコミュニケーションのカスタマイズ性など、慎重に検討する必要があります。また、顧客からのフィードバックを積極的に収集し、サービスの改善に役立てることも重要です。
これにより、デメリットを最小限に抑え、問い合わせフォーム営業代行サービスのポテンシャルを最大限に引き出すことができます。


問い合わせフォーム営業代行サービスを選ぶ際のポイント

フォーム営業代行サービス、自動化サービスの発注先を見極めるポイントはこれ

前段が少し長くなりましたがズバリ発注先を見極めるポイントは下記です。

  • ①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?
  • ②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?
  • ③送信失敗はカウントされていないか?※重要
  • ④問い合わせフォームに対して送信したか否かを表示できるか?
  • ⑤送信できなかった理由の詳細はわかるか?
  • ⑥予約機能はあるのか?PDCA回せるか?
  • ⑦送信処理のスピードは早いのか?
  • ⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持っているか?
  • ⑨送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか?※重要
  • では一つ一つ見ていきましょう。

①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?

まず一つ目ですが、ごく稀にですが問い合わせフォームの上段に「弊社への営業連絡は一切不要です」と書かれている企業様がおります。もちろんその場合送ってはいけません。

営業お断り文言以外にも、求職者向けの採用サイトやカスタマーサポートの問い合わせ先に連絡したり、営業メールを送るのもNGですね。(実際、アポ取れる場合もありますが、場合によってはクレームになります。)

そう言った判別を行うのは、自動で行う制御機能はついているか? また、すでにお取引のある企業や最近リード獲得した企業をNGリストへ登録する機能はついているか? ここの制御が甘いSaasを使うとクレームにつながりますので、レピテーションリスクを考慮し、このような機能がついていないSaasは導入すべきではありません。

こういった自動制御機能が備わっているかチェックする必要があります。

 
画像を拡大表示
https://lead-dynamics.com/
 

②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?

AIフォーム営業」と謳って広告を掲載している企業が国内には存在しておりますが中には「RPAや外部 ツールのアドオン」を使っている企業などもあります。 ブラウザにアドオンを入れなくてはならないなど利便性に欠ける可能性があります。

 

フォーム営業自動化ツールにおいて「RPA」と「AI」の一番の決定的な違いはなんでしょう?

ズバリ送信成功率」と「送信処理スピード」、「PCにかかる負荷量」です。 フォーム営業自動化ツールを選ぶ上で一番重要な点ではないでしょうか。

■まずなぜ「送信成功率」が変わってくるのか? ご存知の通り「RPA」というのは単純にプロセスをオートメーション化しているだけ(エクセルでいうとマクロ)なので画一的なお問い合わせフォームであれば送信できますが、 少し変わったお問い合わせフォームの場合とたんに送れなくなるのです。 また、RPAで送信処理をしているその他のフォーム営業ツールはPC側およびローカルで送信処理を行う場合が多いです。 その場合、PCに負荷がかかり、他の業務に支障が出る可能性があります。特に会社から支給されているパソコンは低スペックなものが多いので 何千件も一度に処理をすれば、その分負荷がかかりPCが重くなります。これではせっかくフォーム営業を自動化して別のタスクを進める時間を確保できたと思いきや本末転倒です。

※他社サービスの機能や効果の正当性について保証するものではありません。 一方でやAI搭載のフォームマーケティングSaasは機械学習機能が搭載されている為、送信成功率が高くなるのです。

 
画像を拡大表示※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによるブラウザの起動失敗、 お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されていない、reCAPTCHAで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、 送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出  
詳しくはこちらから→https://lead-dynamics.com/

ここも広告の煽りに惑わされずSaas導入事にチェックする必要があります。

 

③送信失敗はカウントされていないか?(差し引かれていないか)

 
画像を拡大表示
リードダイナミクスは送信失敗は差し引かれません (選択されたプランの料金はいただきますが、 システム上は送信失敗は送信可能件数から差し引かれません)。

Saasによっては送信処理1件あたりの課金になっているのケースもあります。 (送れていても送れていなくても処理に対して課金になるパターン)

一方で送信失敗は差し引かれず、送信完了毎に月々の送信可能件数から差し引かれているSaasもございます。

送信完了1件ごとのカウントになっているSaasは、しっかりと送信完了をトラッキングできているということになります。

また、マーケティング視点で考えると、送信完了されたものに対してカウントしてくれるSaasの方が、依頼側の企業は費用対効果が見えやすくなります。

より高い費用対効果をお客様に提供しようとするSaasであれば、当然ながら送信完了に対してカウントをしていくようになるはずです。

RPAで実装されているSaasや代行業者の場合、送信完了をトラッキングできない事もありますので、ここも重要なチェックポイントになります。

 

④⑤問い合わせフォームに対して本当に送信したのか?結果を残せるか?送信できなかった理由はわかるか?

先ほどの話と近しい部分ではありますが、送信完了率というのはフォームマーケティングにおいてとても重要になります。 なので、リストの送信完了率がどの程度だったのかということと、送信できなかった場合はなぜ送信できなかったのか/しなかったのかという情報を得る必要があります。

その理由をしっかりと記載してくれるSaasなのか? 問い合わせフォームがない場合や、URLに記載ミスがある場合、HPが古すぎてメンテナンスがされていなく送れない場合など

当たり前のことなのですが、AIが搭載されていないSaasやRPAの場合、なぜ送信できなかったのか、どの企業に送信が完了したかどうかを把握できない場合があります。

 
画像を拡大表示(ごく稀に失敗した件数についても一部算入される可能性があり、 システムの完全性を保証するものではございません。)
  リードダイナミクスは上記のように結果詳細含めた一覧はCSVで出力できます

しかし、詳細確認ができないSaasもあるので気をつけましょう。(契約前に必ず確認しましょう。)

 

⑥予約機能はあるのか?⑦送信処理のスピードは早いのか?

フォーム営業は送信すべきおすすめの時間帯がございます。

さて、ここで皆さんに質問です。フォームマーケティングにおいて返信率が高い時間帯はいつ頃でしょうか?

検討はつくと思いますが「月曜日を除く平日の午前中」です、

理由はターゲットクライアントがメールを捌く時間帯だからです。 会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は 最もメールボックスを見る時間が長くなります。また、最近ですとお問合せフォームからきた連絡をSlackに転送している企業もいる為、さらにimpは高まります。
画像を拡大表示
 

また、15時あたりもおすすめです。

画像
営業メールの開封率は 15時に急増すると言われています。
引用;https://www.revenue.io/prospecting-data  

なので、アポ獲得率を上げるにはその時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

中には1000件分の送信処理に3日4日かかるSaasや人力で送信する為10から20日間かかるSaasなどもあります

フォーム営業メールを送るのに最適な日は?

セールやプロモーションを含むメールを送信するのは #火曜日 がおすすめです。

 
画像

調査では、メールマーケティングのエンゲージメントが最も高い日は? 火曜日が27%、19%が月曜日、17%が木曜日と米国の市場関係者が回答した

引用:https://blog.hubspot.com/marketing/best-time-to-send-email
上記にもあるようにアポ率を高めるためには

狙った時間帯や曜日に短時間で出来るだけ多くの企業にアプローチする必要がございます。

フォーム営業を支援する代行会社は複数存在しますが短時間で数千件処理できるSaas選択する方がアポの確率を高めます。

目的は送信することではなくアポをとる事ですよね?

送信処理に時間がかかるSaasでは短時間に数千件を処理することは到底難しく狙い目である午前中に全て送り切るのは困難です。

タイムリーに送信できないとそもそも文面を見てもらえない可能性がござます。  

予約機能があれば送信予約セットしてあとは放置

前述の通り短時間に数千件を処理できなくてはアポイントにはつながりません。

送信を丁寧に一件一件送るのが目的であれば遅くてもいいですが目的はアポを取る事だと思いますのでここも重要なチェックポイントですね。  
画像を拡大表示

結論

予約送信ができて短時間で数千件処理できるSaasをお使いください。

前述の通り

月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスを見る時間が長くなります。その時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

ですので

アポ獲得率を上げるには予約送信ができて短時間で数千件処理できるSaas選択する方がアポの確率を高めます。

   

⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持ったSaasなのか?

 

送信を確実に、よりスピーディーに行う仕組み」、

最適な時間に送信できる予約機能」、 「営業NGのフォームを自動検知し除外」を全て搭載されているSaasは、 お客様のプロダクトを成功へと導くことができます。

釈迦に説法ではあると思いますが、フォームマーケティングというのは、

ある程度「量」を効率良く送る必要があります。人力で送信していてはサービスをスケールさせることはできません。

また、プロダクトのフェーズによって送信内容のクオリティも大事です。

質を落とさない為にウェビナー集客に利用したり、広報・PR文面を送るの為に利用したりと様々な角度からの文面を保存できる仕組みが必要です。 営業文面のヒントを得たい方はこちら

上記の課題については良質なAIのフォームマーケティングSaas(RPAではなく。)であれば網羅できるので、

AIフォームマーケティングをきちんと行ってスケールできるようなSaasであるかどうかも選定基準の1つになります。

⑨送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか? ※一番重要かも

 

送信を確実に、よりスピーディーに行う仕組み」、

最適な時間に送信できる予約機能」、 「PCに負荷をかけず送信できること」を全て搭載されているSaasは、 お客様のプロダクトを成功へと導くことができます。 ですが、その他のフォーム営業ツールはPC側およびローカルで送信処理を行うツールが存在します。 その場合、PCに負荷がかかり、他の業務に支障が出る可能性があります。特に会社から支給されているパソコンは低スペックなものが多いので 何千件も一度に処理をすれば、その分負荷がかかりPCが重くなります。これではせっかく自動化して別のタスクを進める時間を確保できたと思いきや本末転倒です。

いわずもがな、

フォームマーケティングというのは、ある程度「量」を効率良く送る必要があります。人力で送信していてはサービスをスケールさせることはできません。
 

また、プロダクトのフェーズによって送信内容のクオリティも大事です。

質を落とさない為にウェビナー集客に利用したり、広報・PR文面を送るの為に利用したりと様々な角度からの文面を保存できる仕組みが必要です。 営業文面のヒントを得たい方はこちら

上記の課題については良質なAIのフォームマーケティングSaas(RPAではなく。)であれば補填できるので、送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか?もとても重要な選定基準の1つになります。

 

問い合わせフォーム営業代行サービスのメリットとデメリット

メリットの詳細

人材コストの削減: 伝統的な営業方法に比べ、問い合わせフォーム営業代行サービスを使用すると、営業スタッフの人件費や時間のコストが大幅に削減されます。企業は営業スタッフを雇用し、訓練する必要がなくなり、それによって生じるコストを他の事業活動に再投資することができます。 効果的な成果計測: デジタルツールの利用により、キャンペーンの成果をリアルタイムで測定し、改善点を迅速に特定できます。これにより、マーケティング戦略の効率化と効果の最大化が可能になります。 広範囲なアプローチ: 問い合わせフォーム営業代行サービスを使用することで、企業は地理的な制限なく、広範囲にわたる潜在顧客にアプローチできます。これにより、市場の拡大と新規顧客獲得の機会が増加します。

デメリットの詳細

クレームのリスク: フォームの上段に「弊社への営業連絡は一切不要です」や「営業を目的としたお問い合わせはご遠慮ください」と書かれている企業様がおります。ケアレスミスでこの企業に送ってしまったりするとクレームになるケースがござます。
ツールによっては営業NG文言を自動除外してくれるサービスもありますのでそれらのツールを検討いただくことが良いかもしれません。
リストの質の依存度: 成功は対象リストの質に大きく依存します。不正確または古い情報を含むリストは、努力を無駄にし、潜在顧客との関係構築の機会を損なう可能性があります。

AIツールを使ってクレームを事前回避

問い合わせフォーム営業代行サービスは、デジタルマーケティングの進化に伴い、新たな顧客獲得チャネルとしての重要性を増しています。この文脈において、特にAIツールの活用は、営業プロセスの自動化と最適化を実現することに寄与し、企業に対して顕著なメリットをもたらします。   AIツールの応用によるクレーム回避機能 ■営業NG文言の自動回避: AIツールは、問い合わせフォーム付近に記載されている「営業はご遠慮ください」等の営業禁止文言を自動検知し、そのような企業への送信を除外します。これにより、不適切なアプローチによるクレームのリスクが低減されます。   ■直近1週間以内の送信履歴に基づくアラート機能: AIツールは、送信予定のリストに直近1週間以内に既に送信された企業が含まれている場合、注意喚起のアラートを表示します。
これにより、短期間で同一企業への重複送信を避け、受信者の不快感を防ぐことが可能となります。
■NGリストによる送信除外: NGリストに登録されている企業への送信を自動で除外することができます。
これにより、過去の交渉履歴や特定の理由によりアプローチを避けるべき企業に対して、誤って送信するリスクを排除します。  

メリットとデメリットのバランス
上記の機能により、AIツールは営業代行サービスの効率化とリスク管理において重要な役割を果たします。しかしながら、これらの技術を利用する際には、正確性とリストの質、そして個々の顧客へのカスタマイズの必要性など、複数の要素を考慮する必要があります。
特に、自動化ツールの利用により人間の直感に基づく判断が欠如することで生じる潜在的な問題点には、十分な注意が必要です。

まとめ

AI技術により問い合わせフォーム営業代行が速やかに

AI技術を活用した問い合わせフォーム営業代行サービスは、以下の三つの大きなメリットを企業に提供します:
  1. 人材コストの削減: 人間による手作業での問い合わせが必要ないため、営業スタッフのコストを大幅に削減します。AIは休むことなく、24時間365日、自動的に業務を遂行します。
  2. 効果的な成果計測: AIツールはリアルタイムでのデータ分析と成果計測を可能にし、営業戦略の迅速な調整を実現します。これにより、投資対効果の高い営業活動を行うことが可能になります。
  3. 広範囲なアプローチ: 手作業では不可能なスケールでのアプローチが可能となり、見込み客の範囲を広げることができます。この広範なアプローチは、新規顧客獲得のチャンスを大幅に増加させます。

営業NG文言の自動回避

一般的に、問い合わせフォームを介した営業活動では、企業が営業連絡を望まない旨の注意書きをフォームに記載している場合があります。AIツールは、これらの営業禁止文言を自動的に検知し、リストから除外する機能を持っています。これにより、不要なクレームを避け、ビジネス関係を築く上での第一印象を損なうことなく、効果的にターゲット企業にアプローチすることが可能です。

直近の送信履歴に基づくアラート

AIツールは、送信履歴を管理し、直近1週間以内に既にアプローチした企業に対しては、再送信前にユーザーにアラートを発する機能を備えています。この機能により、同一の企業への重複した営業アプローチを防ぎ、営業リソースの無駄遣いを防ぐとともに、受け取り側の不快感を避けることができます。

NGリストへの自動登録と除外

企業が特定の企業や業種への営業を意図的に避けたい場合、AIツールではこれらの対象をNGリストに登録することができます。一度NGリストに登録された企業は、将来にわたって自動的に営業アプローチの対象から除外されるため、より精密なターゲティングが可能になります。
問い合わせフォーム営業代行サービスを支えるAIツールは、営業プロセスを自動化するだけでなく、企業間コミュニケーションにおけるクレームのリスクを劇的に低減します。
営業NG文言の自動回避、直近の送信履歴に基づくアラート、NGリストへの自動登録といった機能を通じて、企業は効率的かつ効果的に新規顧客を獲得することが可能となります。これらの技術を活用することで、企業は営業活動の新たな地平を開くことができるでしょう。  

問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」とは

リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。
リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。
短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。
予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。
※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

リードタイムも大幅削減へ

送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。
BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。

さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。
ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。
また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。


問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」の特徴

送信成功率 約70%〜80%


様々なお問い合わせフォームを学習 RPAではなく弊社Saasには機械学習を施したAIが搭載されております。 その為高い送信成功率が特徴です。 日々AIが様々な形式のフォームを学習しておりますので今後更に送信成功率は上昇します。

国内複数のお問い合わせフォームを学習させたデータや、NGワード等の検出をデフォルトで提供することで、モラルを保ちつつ学習データを駆使し様々なレパートリーのお問い合わせフォームに送信する事が可能です。

※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。
※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによりブラウザの起動失敗、お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されない、キャプチャで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出。

営業禁止は自動除外

フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

フォーム付近に「営業はご遠慮ください」などの文言が明記されている場合、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しております。

何度も同じ会社に送らないように、注意喚起

同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。

システマチックにNGリストを管理できる為、ヒューマンエラーを未然に防ぐ事ができます。

NGリストに登録されている企業様は送信除外

SaaSにNGリストを登録できる為、NGリストに登録しておけば今後一切その企業には送らない設定が可能です。 すでにお取引がある企業様などをNGリストに登録しておくと事前にリスト被りを防げます。また、何名かでリードダイナミクスを利用する際もNGリストが一元管理されているのでチームで送る際はとても便利です。

問い合わせフォーム自動送信AIツール導入企業様の声

実際に問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」を導入していただいた企業様にインタビューを行ってみました。

問い合わせフォーム自動送信AIツールのまとめと今後の展望

2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。それでは、2023年のリード獲得AIツールの動向と、法人営業担当者への最終的なアドバイスについて見てみましょう。 2023年のリード獲得AIツールの動向 今年は、データ分析の高度化や自動化の拡大により、多くの企業がリード獲得の効率を大きく向上させることができました。特に、AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、以下の3つのポイントを心に留めておくことをおすすめします。
    1. ニーズの特定: どのようなリードを獲得したいのか、具体的なニーズを明確にすることが最も重要です。その上で、適切なAIツールを選定することができます。
    1. 継続的な学習: AIツールの導入は、一度きりのものではありません。市場や技術の変化に合わせて、ツールの更新や改善を継続的に行うことが必要です。
    1. 効果測定: AIツールの導入後、定期的にその効果を測定し、必要に応じて改善策を検討することで、より高いリード獲得効果を実現できます。
このように、2023年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。


ContactUs

導入をご希望の方はこちらからお問い合わせください
貴社サービスの成長をLeadDynamicsが支援致します。