Blog single

【2024年】フォーム営業を自動化するおすすめAIツールとは:比較9選

“Human Enhancement with creativity.”

体験を豊かに世の中を滑らかに
目次

【2024年】変わる仕事環境、変わる営業手法

リモートワーク環境で先輩の動きを「見て学ぶ」環境がなくなった。 さらに追い討ちをかけるのはリモートワークによるチームワークの分断です。 仕事環境がリモートになり先輩の技をみて盗む!という機会は極端に減ったと存じます。 以前はテレアポでガンガンアポを取る先輩のセールストークを聞いていい所は真似をして自分の糧にする事ができましたが、現在のリモート環境ではとても難しいです。 そうなると新人はひたすらコールしまくる。→「アポが取れない」→「悩む」この無限ループから抜け出しにくいのです。 さらにテレアポだけでは、デメリットも存在します。顧客との対面接触が少ないため、信頼関係を築くのに時間がかかることがあります。また、属人性が高いため、トーク技術に精通していないと、効果的な営業活動が難しくなる可能性もあります。
そこで属人化しづらい新たな営業手法のフォーム営業自動化ツールが注目を浴びているのです。
 

フォーム営業自動化ツールの発注先を見極めるポイント9選

現代のビジネス環境において、効率化と自動化は不可欠な要素です。特にフォーム営業自動化ツールは、営業プロセスを効率化し、生産性を高める重要なツールとして登場しました。 しかし、市場には多様なツールが存在し、どれを選ぶべきかは一筋縄ではいきません。 正しい選択をするためには、いくつかの重要なポイントを考慮する必要があります。このセクションでは、フォーム営業自動化ツールの発注先を見極めるための「ポイント7選」を紹介します。 これらのポイントには、機能性、使いやすさ、カスタマイズ性、サポート体制、価格、セキュリティ、そして実績と評判が含まれます。適切なツールを選ぶことで、営業効率の向上とビジネスの成長を実現しましょう。

今日は「フォーム営業自動化ツール」を導入する際の選定基準についてお話しできればと思います。

そもそもフォーム営業を知らない人はこちらを先にお読みください。

大前提ですが

  • ①質の高いプロダクトを作りましょう。
  • ②営業資料はしっかり作りましょう。
  • ③サービスの魅了を訴求できるランディングページを作りましょう。
  • 上記の準備が整ったら
  • ④効率よくフォーム営業自動化ツールでアタックしアポを取りましょう。

本日はこの4番目の「効率よくフォーム営業自動化ツールでアタックしアポを取りましょう。」にフォーカスを当てた記事になります。

営業リストにアタックするにはいくつか方法があります。テレアポ 、メールDM、手紙郵送、そしてコーポレートサイトへのフォームアタックです。

弊社はこのフォーム営業を自動化するAIフォームマーケティングSaasを提供している会社な為、 たくさんの知見とノウハウがあるので

今回は、フォーム営業自動化ツールを選ぶ際にもっとも重要な点を解説いたします。

「テルハラ」電話離れの昨今

画像を拡大表示

1)62.8%の方が「会社への電話を不要と感じることがある」と回答、新入社員に限ると、64%の方が回答。

社会人の6割以上が「会社や部署の代表電話(以下、会社への電話)を不要と感じたことがあり、会社への電話を受けることにストレスを感じている」状態にあることが明らかに。 本調査の結果を通じて、社会人の62.8%の方が会社宛ての電話を不要と感じたことがあり、66.3%の方が会社宛ての電話を受けることに対して業務の中断や時間消費にストレスを感じているという実態が判明しました。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000035.000049287.html

テレアポを否定しているわけではないが発信側も、受信側もストレスを受けているのは間違いない。

   
画像を拡大表示
引用 :https://lead-dynamics.com/

社員にテレアポをさせ続けると当然離職に繋がる事も。 このような背景からコーポレートサイトからフォームを経由して営業をされる企業が増えているのでと考えている。

   

フォーム営業自動化ツールの発注先を見極めるポイントはこれ

前段が少し長くなりましたがズバリ発注先を見極めるポイントは下記です。

  • ①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?
  • ②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?
  • ③送信失敗はカウントされていないか?
  • ④問い合わせフォームに対して送信したか否かを表示できるか?
  • ⑤送信できなかった理由の詳細はわかるか?
  • ⑥予約機能はあるのか?PDCA回せるか?
  • ⑦送信処理のスピードは早いのか?
  • ⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持っているか?
  • ⑨送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか?※一番重要かも
  • では一つ一つ見ていきましょう。
   

①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?

まず一つ目ですが、ごく稀にですが問い合わせフォームの上段に「弊社への営業連絡は一切不要です」と書かれている企業様がおります。もちろんその場合送ってはいけません。

営業お断り文言以外にも、求職者向けの採用サイトやカスタマーサポートの問い合わせ先に連絡したり、営業メールを送るのもNGですね。(実際、アポ取れる場合もありますが、場合によってはクレームになります。)

そう言った判別を行うのは、自動で行う制御機能はついているか? また、すでにお取引のある企業や最近リード獲得した企業をNGリストへ登録する機能はついているか? ここの制御が甘いSaasを使うとクレームにつながりますので、レピテーションリスクを考慮し、このような機能がついていないSaasは導入すべきではありません。

こういった自動制御機能が備わっているかチェックする必要があります。

 
画像を拡大表示
https://lead-dynamics.com/
   

②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?

AIフォーム営業」と謳って広告を掲載している企業が国内には存在しておりますが中には「RPAや外部 ツールのアドオン」を使っている企業などもあります。 ブラウザにアドオンを入れなくてはならないなど利便性に欠ける可能性があります。

 

フォーム営業自動化ツールにおいて「RPA」と「AI」の一番の決定的な違いはなんでしょう?

ズバリ送信成功率」と「送信処理スピード」、「PCにかかる負荷量」です。 フォーム営業自動化Saasを選ぶ上で一番重要な点ではないでしょうか。

  ■まずなぜ「送信成功率」が変わってくるのか? ご存知の通り「RPA」というのは単純にプロセスをオートメーション化しているだけ(エクセルでいうとマクロ)なので画一的なお問い合わせフォームであれば送信できますが、 少し変わったお問い合わせフォームの場合とたんに送れなくなるのです。

また、RPAで送信処理をしているその他のフォーム営業ツールはPC側およびローカルで送信処理を行う場合が多いです。

その場合、PCに負荷がかかり、他の業務に支障が出る可能性があります。特に会社から支給されているパソコンは低スペックなものが多いので

何千件も一度に処理をすれば、その分負荷がかかりPCが重くなります。これではせっかくフォーム営業を自動化して別のタスクを進める時間を確保できたと思いきや本末転倒です。

一方でやAI搭載のフォームマーケティングSaasは機械学習機能が搭載されている為、送信成功率が段違いに高くなるのです。

 
画像を拡大表示
https://lead-dynamics.com/

ここも広告の煽りに惑わされずSaas導入事にチェックする必要があります。

     

③送信失敗はカウントされていないか?(差し引かれていないか)

 
画像を拡大表示
リードダイナミクスは送信失敗は差し引かれません (選択されたプランの料金はいただきますが、 システム上は送信失敗は送信可能件数から差し引かれません)。

Saasによっては送信処理1件あたりの課金になっているのケースもあります。 (送れていても送れていなくても処理に対して課金になるパターン)

一方で送信失敗は差し引かれず、送信完了毎に月々の送信可能件数から差し引かれているSaasもございます。

送信完了1件ごとのカウントになっているSaasは、しっかりと送信完了をトラッキングできているということになります。

また、マーケティング視点で考えると、送信完了されたものに対してカウントしてくれるSaasの方が、依頼側の企業は費用対効果が見えやすくなります。

より高い費用対効果をお客様に提供しようとするSaasであれば、当然ながら送信完了に対してカウントをしていくようになるはずです。

RPAで実装されているSaasや代行業者の場合、送信完了をトラッキングできない事もありますので、ここも重要なチェックポイントになります。

 

④⑤問い合わせフォームに対して本当に送信したのか?結果を残せるか?送信できなかった理由はわかるか?

先ほどの話と近しい部分ではありますが、送信完了率というのはフォームマーケティングにおいてとても重要になります。 なので、リストの送信完了率がどの程度だったのかということと、送信できなかった場合はなぜ送信できなかったのか/しなかったのかという情報を得る必要があります。

その理由をしっかりと記載してくれるSaasなのか? 問い合わせフォームがない場合や、URLに記載ミスがある場合、HPが古すぎてメンテナンスがされていなく送れない場合など

当たり前のことなのですが、AIが搭載されていないSaasやRPAの場合、なぜ送信できなかったのか、どの企業に送信が完了したかどうかを把握できない場合があります。

 
画像を拡大表示
  リードダイナミクスは上記のように結果詳細含めた一覧はCSVで出力できますが

詳細確認ができないSaasもあるので気をつけましょう。(契約前に必ず確認しましょう。)

 

⑥予約機能はあるのか?⑦送信処理のスピードは早いのか?

さて、ここで皆さんに質問です。フォームマーケティングにおいて返信率が高い時間帯はいつ頃でしょうか?

検討はつくと思いますが「月曜日を除く平日の午前中」です、

理由はターゲットクライアントがメールを捌く時間帯だからです。 会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は 最もメールボックスを見る時間が長くなります。また、最近ですとお問合せフォームからきた連絡をSlackに転送している企業もいる為、さらにimpは高まります。
   
画像を拡大表示

なので、アポ獲得率を上げるにはその時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

中には1000件分の送信処理に3日4日かかるSaasや人力で送信する為10から20日間かかるSaasなどもあります

目的は送信することではなくアポをとる事ですよね?

送信処理に時間がかかるSaasでは短時間に数千件を処理することは到底難しく狙い目である午前中に全て送り切るのは困難です。

タイムリーに送信できないとそもそも文面を見てもらえない可能性がござます。

予約機能があれば送信予約セットしてあとは放置

前述の通り短時間に数千件を処理できなくてはアポイントにはつながりません。

送信を丁寧に一件一件送るのが目的であれば遅くてもいいですが目的はアポを取る事だと思いますのでここも重要なチェックポイントですね。  
画像を拡大表示
 

⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持ったSaasなのか?

 

送信を確実に、よりスピーディーに行う仕組み」、

最適な時間に送信できる予約機能」、 「営業NGのフォームを自動検知し除外」を全て搭載されているSaasは、 お客様のプロダクトを成功へと導くことができます。

釈迦に説法ではあると思いますが、フォームマーケティングというのは、

ある程度「量」を効率良く送る必要があります。人力で送信していてはサービスをスケールさせることはできません。

また、プロダクトのフェーズによって送信内容のクオリティも大事です。

質を落とさない為にウェビナー集客に利用したり、広報・PR文面を送るの為に利用したりと様々な角度からの文面を保存できる仕組みが必要です。 営業文面のヒントを得たい方はこちら

上記の課題については良質なAIのフォームマーケティングSaas(RPAではなく。)であれば網羅できるので、

AIフォームマーケティングをきちんと行ってスケールできるようなSaasであるかどうかも選定基準の1つになります。  

⑨送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか? ※一番重要かも

 

送信を確実に、よりスピーディーに行う仕組み」、

最適な時間に送信できる予約機能」、 「PCに負荷をかけず送信できること」を全て搭載されているSaasは、 お客様のプロダクトを成功へと導くことができます。

ですが、その他のフォーム営業ツールはPC側およびローカルで送信処理を行うツールが存在します。

その場合、PCに負荷がかかり、他の業務に支障が出る可能性があります。特に会社から支給されているパソコンは低スペックなものが多いので

何千件も一度に処理をすれば、その分負荷がかかりPCが重くなります。これではせっかく自動化して別のタスクを進める時間を確保できたと思いきや本末転倒です。

いわずもがな、フォームマーケティングというのは、

ある程度「量」を効率良く送る必要があります。人力で送信していてはサービスをスケールさせることはできません。

また、プロダクトのフェーズによって送信内容のクオリティも大事です。

質を落とさない為にウェビナー集客に利用したり、広報・PR文面を送るの為に利用したりと様々な角度からの文面を保存できる仕組みが必要です。 営業文面のヒントを得たい方はこちら

上記の課題については良質なAIのフォームマーケティングSaas(RPAではなく。)であれば補填できるので、

送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか?もとても重要な選定基準の1つになります。

上記ポイントを全て押さえたフォーム営業自動化ツールはこちら

 

リードダイナミクスの特徴
国内トップクラスの送信スピード、送信成功率を誇ります。

 

  • ■RPAではなく機械学習を施したAIがターゲット企業のお問い合わせフォームを検知し、 記入から送信まで全自動で実行可能。
  • ■作業時間約3分で1000件アプローチ(予約機能を使えば一度に7,000件アプローチが可能です)
  • 1日の送信上限なし。プラン内の件数であれば何件でも送信可能です。
  • ■SPA(シングルページアプリケーション)で構築されている為、滑らかに動く快適なUIになっており、 送信処理も全てクラウドで行う為、PCに負荷がかかりません。
  • ■送信成功率 約70〜80%(弊社調査による)。
  • ■機械学習を施したAIが送信するため日々送信成功率は向上していきます。
  • ■フォーム付近の営業NG文言を自動検知し除外。1週間以内に送信している企業に送る際は注意喚起(アラート表示)
  • ■送信失敗は送信可能件数から差し引かれません (選択されたプランの料金はいただきますが、 システム上は送信失敗は送信可能件数から差し引かれません)。
  • ■送信できなかった場合の理由を送信結果の詳細に明記。 ※詳しくは、サービスサイトをご覧ください。
  • https://lead-dynamics.com/

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。

    AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。 リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。 短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。 予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。 ※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

    リードタイムも大幅削減へ

    送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。  BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。 さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。 ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。 また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。

    フォーム営業自動化ツール導入企業様の声

     

    最も費用対効果が高い選択肢だったと思います。

    カスタマーサクセス・エクスペリエンス市場を牽引するOneBox株式会社のBtoB事業におけるマーケティング本部とCTOを兼任する鎌田様に、リードダイナミクスの活用についてお話を伺いました。

    ITリテラシーが低い人材でも使いやすいインターフェースです。

    営業支援事業を行う株式会社CRBの執行役員 飯田様に、リードダイナミクスの活用についてお話を伺いました。

    より確度の高い営業活動ができるようになりました。

    法人向けパソコンサポート、社内IT環境のサポート・人材派遣・Web制作・各種販促物制作などを行う企業、株式会社アストンのインサイドセールス担当 正林 様に、リードダイナミクスの活用についてお話を伺いました。

    まとめ

    以上、ここまで読んでいただいた方は本当にありがとうございます。 記事の内容ですが、あくまで事例になる為、(商談獲得)等を含め、一切保証致しません。

    他にもさまざまなリード獲得手法がありますので他と比較して是非検討してみてください。

    2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。 この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、 さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。 AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、フォーム営業自動化ツールを選定する際は以下の7つのポイントを心に留めておくことをおすすめします
    • ①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?
    • ②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?
    • ③送信失敗はカウントされていないか?
    • ④問い合わせフォームに対して送信したか否かを表示できるか?
    • ⑤送信できなかった理由の詳細はわかるか?
    • ⑥予約機能はあるのか?PDCA回せるか?
    • ⑦送信処理のスピードは早いのか?
    • ⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持っているか?
    • ⑨送信処理はPC側ではなくクラウド側で処理されているか?※一番重要かも
        このように、2024年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。    
     

    リードダイナミクス:AI営業支援ツールの機能と特徴、AI自動化の実際の効果

    現代の営業環境では、効率と生産性の向上が不可欠です。この文脈で、AI技術を活用した「リードダイナミクス」という革新的な営業支援ツールが注目を集めています。本記事では、リードダイナミクスの機能と特徴、およびAIによる自動化が営業効率に及ぼす実際の効果について掘り下げていきます。

    リードダイナミクスの機能と特徴

    リードダイナミクスは、AI技術を駆使して営業プロセスを自動化するツールです。以下はその主な機能と特徴です。
    1. AIによるフォーム検知と自動送信: RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ではなく、機械学習を施したAIがターゲット企業のお問い合わせフォームを自動で検知し、記入から送信までを全自動で実行します。
    2. 高速かつ大量のアプローチ: 作業時間は約3分で1000件のアプローチが可能。予約機能を使用すれば、一度に最大7000件のアプローチが実行できます。
    3. クラウドベースのシステム: SPA(シングルページアプリケーション)で構築されており、送信処理はすべてクラウド上で行われるため、PCへの負荷がかかりません。
    4. 高い送信成功率: 約70〜80%の送信成功率を誇り、日々送信成功率は向上しています。
    5. 営業NG文言の自動検知: フォーム付近の営業NG文言を自動で検知し、適切な処理を行います。

    フォーム一斉送信をAI自動化した際の効果

    リードダイナミクスの導入による効果は、以下のような点で顕著です。
    1. 営業効率の大幅な向上: 手動での営業活動に比べ、AIによる自動化は時間と労力を大幅に削減します。これにより、営業担当者はより戦略的な活動に注力できるようになります。
    2. 新規リードの獲得: 自動化により、従来は手が届かなかった潜在顧客へのリーチが可能となります。これにより、新規顧客の獲得機会が大幅に増加します。
    3. 顧客体験の向上: 自動化により、迅速かつ効果的な顧客対応が可能となり、顧客満足度が向上します。
    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。

    導入企業様の声

       

    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」とは

    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

    AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。
    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。
    短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。
    予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。
    ※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

    リードタイムも大幅削減へ

    送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。
    BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。

    さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。
    ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。
    また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。


    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」の特徴

    送信成功率 約70%〜80%


    様々なお問い合わせフォームを学習 RPAではなく弊社Saasには機械学習を施したAIが搭載されております。 その為高い送信成功率が特徴です。 日々AIが様々な形式のフォームを学習しておりますので今後更に送信成功率は上昇します。

    国内複数のお問い合わせフォームを学習させたデータや、NGワード等の検出をデフォルトで提供することで、モラルを保ちつつ学習データを駆使し様々なレパートリーのお問い合わせフォームに送信する事が可能です。

    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。
    ※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによりブラウザの起動失敗、お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されない、キャプチャで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出。

    営業禁止は自動除外

    フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

    フォーム付近に「営業はご遠慮ください」などの文言が明記されている場合、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しております。

    何度も同じ会社に送らないように、注意喚起

    同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。

    システマチックにNGリストを管理できる為、ヒューマンエラーを未然に防ぐ事ができます。

    NGリストに登録されている企業様は送信除外

    SaaSにNGリストを登録できる為、NGリストに登録しておけば今後一切その企業には送らない設定が可能です。 すでにお取引がある企業様などをNGリストに登録しておくと事前にリスト被りを防げます。また、何名かでリードダイナミクスを利用する際もNGリストが一元管理されているのでチームで送る際はとても便利です。

    問い合わせフォーム自動送信AIツール導入企業様の声

    実際に問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」を導入していただいた企業様にインタビューを行ってみました。

    問い合わせフォーム自動送信AIツールのまとめと今後の展望

    2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。それでは、2023年のリード獲得AIツールの動向と、法人営業担当者への最終的なアドバイスについて見てみましょう。 2023年のリード獲得AIツールの動向 今年は、データ分析の高度化や自動化の拡大により、多くの企業がリード獲得の効率を大きく向上させることができました。特に、AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、以下の3つのポイントを心に留めておくことをおすすめします。
      1. ニーズの特定: どのようなリードを獲得したいのか、具体的なニーズを明確にすることが最も重要です。その上で、適切なAIツールを選定することができます。
      1. 継続的な学習: AIツールの導入は、一度きりのものではありません。市場や技術の変化に合わせて、ツールの更新や改善を継続的に行うことが必要です。
      1. 効果測定: AIツールの導入後、定期的にその効果を測定し、必要に応じて改善策を検討することで、より高いリード獲得効果を実現できます。
    このように、2023年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。


    ContactUs

    導入をご希望の方はこちらからお問い合わせください
    貴社サービスの成長をLeadDynamicsが支援致します。

    この事例をみた方は
    下記の様な記事も読んでいます。