Blog single

フォーム営業の反響率はどれくらい?成果を上げるコツとは

“Human Enhancement with creativity.”

体験を豊かに世の中を滑らかに
目次

フォーム営業の基礎知識

フォーム営業とは?

フォーム営業は、ウェブサイト上のお問い合わせフォームを通じて行われる営業活動です。この方法では、潜在的な顧客が自らフォームに情報を入力し、興味を示すことで、新しいビジネスの機会が生まれます。特に、新規顧客の獲得を目指す企業にとって、この方法は直接的かつ効果的なコミュニケーション手段を提供します。

メール営業との違い

フォーム営業とメール営業の最大の違いは、信頼性と到達率にあります。メール営業では、迷惑メールフィルターによってメールがブロックされることが多いですが、フォーム営業はウェブサイトのお問い合わせフォームを通じて行われるため、そのようなリスクが低減されます。また、フォーム営業は直接ウェブサイトを訪れた顧客にアプローチするため、より高い信頼性を持ちます。  

テレアポと違い「受付突破」という概念がない。

昨今、お問い合わせフォームから受け取ったメールをSlackに転送しているケースが増えている。

 
画像

各企業様々ですが フォーム受信文を原型のまま 社内で使っているメッセージツール(Slack、chatworkなど)に自動転送しているケースが増えております。(自社調べ)

その為、文面を変えつつ何度か送信しておくと ニーズが顕在化した際に第一想起を得やすくなるのです。

また、

役職者からメンバーの方など複数の関係者が見ている可能性があり、以前よりimp数が高くなっている可能性があります。

適した企業とそうでない企業

フォーム営業は特に、明確なビジネスモデルやサービス、製品を持つ企業に適しています。良質なウェブサイトと具体的なオファーを持つ企業は、フォーム営業を通じて効果的に新規顧客を獲得できる可能性が高いです。 一方で、ウェブサイトが未整備であったり、オファーが不明確な企業は、フォーム営業による成果が得にくい傾向にあります。また、煩雑な文面や費用対効果が不明確な提案は避けるべきです。  

フォーム営業の実際の成果

一般的な開封率と反響率

フォーム営業の反応率は、一般的なテレアポやメール営業と比較して高い傾向にあります。これは、フォームを通じて顧客自身が関心を示すため、興味のある顧客に直接アプローチできるためです。一般的に、フォーム営業では開封率が高く、平均的には0.3から1%程度と言われておりますが効果的な手法を取ることによって反応率も1.5%や2%へ向上する可能性があります。 例えば、ある企業では月額6万円(3,000件送信)のAIフォームマーケティングツールを使用し、30件のアポイントメントを獲得するなどの成果が報告されています。

また、反響率を上げるには送信するタイミングが重要です。

平日の午前中や15時あたりに開封率が上がるデータが出ております。

画像
営業メールの開封率は 15時に急増すると言われています。
引用;https://www.revenue.io/prospecting-data

詳しくは下記から

送信する時間帯は適切ですか?

結局フォーム営業すべき最適な時間帯はいつなの?

早速結論↓

月曜日を除く平日の午前中(8時から11時)がベストです。

 
画像

理由について

150 名を超えるマーケティングおよび広告の専門家を対象に調査した統計データでもエンゲージメントが最も高かったのは午前 9 時から午後 12 時

引用:https://blog.hubspot.com/marketing/best-time-to-send-email

ターゲットクライアントがメールを捌く時間だからです。会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスやSlackを見る時間が長くなります。

なので、この時間帯に新着で入れる必要があります。

土日にダラダラ送っても埋もれてしまいます。

アポ獲得率を上げるにはその時間帯に出来るだけ短時間で出来るだけ複数の企業にアプローチする必要がございます。

また、15時あたりもおすすめです。

画像
営業メールの開封率は 15時に急増すると言われています。
引用;https://www.revenue.io/prospecting-data

フォーム営業メールを送るのに最適な日は?

セールやプロモーションを含むメールを送信するのは #火曜日 がおすすめです。

画像

調査では、メールマーケティングのエンゲージメントが最も高い日は? 火曜日が27%、19%が月曜日、17%が木曜日と米国の市場関係者が回答した

引用:https://blog.hubspot.com/marketing/best-time-to-send-email

そこで

フォーム営業の実施する際、気をつけて頂きたいポイントがございます。

✅短時間で数千件処理できるSaasをお使いください。
✅人力で素早く送るには限界があるので自動化Saasをお使いください。
✅同じ時間に数千件、予約送信ができるAI搭載のSaasをお使いください。

成功事例の紹介

フォーム営業の成功事例として、特にAI技術を活用した自動化アプローチが注目されています。たとえば「リードダイナミクス」を使用することで、低コストで効率的に高品質のリードを獲得できる可能性があります。(効果を保証するものではありません) このようなツールは、適切なターゲットに対して迅速にメッセージを送ることができ、結果として高い反響率を達成する一助を担っています。

他の営業手法との比較

フォーム営業は、テレアポや従来のメール営業と比較して、属人化が少なく、 精神的な負担が低いことが特徴です。特にリモートワークが一般化した現代において、電話がつながりにくい、受ける側のストレスが高いという問題が浮き彫りになっています。

66.3%「会社宛の電話にストレスを感じる」

画像

(引用元:https://officenomikata.jp/news/12207/)

一方で、AIを利用したフォーム営業は24時間365日稼働し、ユーザーの好きなタイミングで反応できるため、双方の負担が減少します。さらに、フォームマーケティングを通じて得られるリードは、商材に関心を持っている可能性が高く、より質の高い商談につながる傾向にあります。    

反響率を上げるための戦略

目標設定とリストの最適化

フォーム営業の成功のためには、はじめに、明確な目標を設定し、それに基づいて効果的なターゲットリストを作成することが不可欠です。ターゲットリストは、貴社の商材やサービスに興味を持ちそうな潜在顧客を特定し、その特性に基づいてパーソナライズされたアプローチを可能にします。リストの質が高ければ高いほど、フォーム営業の効率と成果は向上します。

効果的なメール文面の作成

効果的なメール文面の作成は、フォーム営業において中心的な役割を果たします。文面は、貴社のサービスや製品の価値を明確に伝え、受け手の関心を引き出す内容である必要があります。例えば、BtoB SaaS企業は、具体的な利益や成果を数値で示すことが効果的です。

成果が出にくい文面になっていませんか?

■LPやHPがない。もしくはあるけど内容がよくわからない。無料の作成ツールで作られている。

フォーム営業は基本的に新規営業の観点で使われる事が多いです。なので営業をされた企業は必ず、貴社の事業内容やHPをURLにアクセスし確認します。 そこでの印象が悪ければアポには繋がりにくくなるのです。 また、HP無料の作成ツールなどで会社HPを作られている場合はやや怪しまれアポに繋がりにくです。

※リードダイナミクスのライトプラン以上ご契約の企業様のみ対応いたします。

■商材がパッケージ化されていない

web制作会社がよくやられている事ですが、「なんでもできます」 webやアプリ開発で何かありましたらお尋ねください。 のような営業。

制作系の会社の場合は何かに特化してアプローチをした方が良いです。 例えば
・採用サイト作成ならお任せください!30件以上の実績があります。
・営業資料の作成に特化したデザインを得意としております。
・ECサイトの構築からマーケティングまで一気通貫で対応します。
などです。

■費用対効果がわかりにくい。

・社会貢献しませんか?
・アンケートのご協力お願いします。
・〇〇のプロジェクトに参加しませんか?
などはアポイント後の商談にい時間を割くことでどのようなメリットがあるのかわかりにくい為
アポに繋がりにくいです。

 

※リードダイナミクスのライトプラン以上ご契約の企業様のみ対応いたします。

反響率を高める3つのポイント

送信する時間帯は適切ですか?

結局フォーム営業すべき最適な時間帯はいつなの?

早速結論↓

月曜日を除く平日の午前中(8時から11時)がベストです。

 
画像

理由について

150 名を超えるマーケティングおよび広告の専門家を対象に調査した統計データでもエンゲージメントが最も高かったのは午前 9 時から午後 12 時

引用:https://blog.hubspot.com/marketing/best-time-to-send-email

ターゲットクライアントがメールを捌く時間だからです。会社員をされた事があればわかると思いますが月曜日を除く平日の午前中は最もメールボックスを見る時間が長くなります。

なので、この時間帯に新着で入れる必要があります。

土日にダラダラ送っても埋もれてしまいます。
  1. 最適な時間帯にフォーム送信する: 受け手がメールを確認する可能性が最も高い時間帯を狙うことで、開封率と反応率を向上させることが可能です。平日の午前中は、特に効果的な時間帯とされています。
  2. また、15時あたりもおすすめです。

    画像
    営業メールの開封率は 15時に急増すると言われています。
    引用;https://www.revenue.io/prospecting-data
    詳しくは下記より

    そこで

    フォーム営業の実施する際、気をつけて頂きたいポイントがございます。

    ✅短時間で数千件処理できるSaasをお使いください。
    ✅人力で素早く送るには限界があるので自動化Saasをお使いください。
    ✅同じ時間に数千件、予約送信ができるAI搭載のSaasをお使いください。



  3. 同じ文面を何度も送らない: 継続的に内容を更新し、ターゲットに合わせてカスタマイズすることが重要です。同じメッセージの繰り返しは、受け手に飽きられる原因になり、反応率を下げる可能性があります。興味があれば返事がきます。来ないという事はまだタイミングではないという事です。
    文面や営業担当を変えて少し時間をおき再度送ってみましょう。
  4. 効果的なメール文面の作成: フォーム営業は、個々の営業担当者の能力に依存せず、一貫して高品質なリードを生み出すことができます。これにより、営業チーム全体の負担が軽減され、効率的な営業活動を実施することが可能になります。 その分、営業文面にしっかり作り込み、訴求してく必要があります。

    ■LP、HPが洗礼されている(サービスの内容がわかりやすい)

    サービスの特徴、実績、導入事例、料金、などがわかりやすく記載されている。 フォーム営業の際、営業文章にLPがHPのURLを入れて送ることが多いが、その内容が洗礼されていないとアポになりにくいです。

    参考:https://lead-dynamics.com/

  5. ■商材がわかりやすい、商材をパッケージ化している

    M&A仲介、メディア営業、求人媒体、BtoBSaasや人材紹介、SES、営業代行、特化型のSNSマーケなどの商材は 金額や料金プランがある程度決まっていて、提案内容もお客様に合わせて都度フルカスタマイズが必要のないので、営業される側も理解しやすいのでアポになりやすいです。

    参考:https://non-appoint.com/

    ■費用対効果がわかりやすい(定量的な訴求をしている)

    web制作会社であれば
    1. ・採用サイトをリニューアルし応募数が30%アップしました。
    2. ・ECサイトのデザインをリデザインし購買率が2倍になった事例があります
    3. ・製品紹介パンフレットをリデザインした事によりアプリのDL数が20%上がったなど
    4. BtoB Saasであれば
    5. ・導入した事により残業時間が50%削減できた事例があります
    6. ・約25分で1000社へアプローチ可能です。
    7. ・6万円のプランで30アポ取得した事例があります。
    8. 採用代行会社であれば
    9. 2ヶ月で15名採用された事例があります。
    10. ・採用コスト50%カットできる可能性があります。
    11. SNSマーケ・インフルエンサーマーケ系会社であれば
    12. CVR250%アップに寄与したインフルエンサーとその取り組みの事例をご案内します!
    13. ・CTRが別媒体の広告に比べ2倍上昇し、2,800件以上のCVを獲得



    ※リードダイナミクスのライトプラン以上ご契約の企業様のみ対応いたします。

    フォーム営業の具体的な手順

    フォーム営業を成功させるためには、戦略的な手順を踏むことが重要です。以下に、その具体的なプロセスを詳細に解説します。
    ターゲットリストの作成
    フォーム営業の出発点は、適切なターゲットリストの作成から始まります。このリストは、貴社の製品やサービスに興味を持ちそうな潜在顧客のデータベースです。リスト作成にあたっては、市場の調査、既存の顧客データの分析、競合他社のターゲット顧客の研究などを行います。ターゲットリストが正確であれば、それに基づくフォーム営業の効率と成果は大幅に向上します。
    営業本文の作成
    営業本文はフォーム営業の核心です。効果的なメールは、明確で簡潔、かつ受け手にとって関連性が高い内容を含んでいる必要があります。メールの作成にあたっては以下の点を考慮してください
    • キャッチーな件名:受け手の注意を引き、メールを開封させるための魅力的な件名。
    • 関連性の高いコンテンツ:受け手のニーズに合わせた、具体的かつ価値のある情報。
    • 返信しやすいよう商談可能な日時を提案する:受け手が次に取るべきアクションを明確に示す。(アポ獲得なのか。ウェビナー集客なのか。受け手がわかりやすい文面を心がけましょう。)
    • クラウドカレンダーツール(Google Workspaceなど)のリンクを挿入:クラウドカレンダーツールがあるとダブルブッキングを防ぐことができる点と、クライアント側がわざわざ返信用のメールを作成する手間が省ける為、大事なポイントです。
      返信とフォローアップの方法 返信が来たら、迅速に対応することがカギです。初期の返信では、感謝の意を表明し、さらに情報提供や次のステップへの案内を行います。フォローアップは、適切なタイミングで行い、関係を築き上げながら商談につなげることが重要です。  

    フォーム営業のメリットとデメリット

    商談の質と量の向上

    フォーム営業は、商談の質と量の両面で顕著な向上をもたらします。まず、質の面では、商材に関心のある潜在顧客だけをターゲットにすることができるため、より有意義な商談が期待できます。量の面では、効率的なフォーム送信により、短時間で多くの潜在顧客にアプローチすることが可能です。これにより、時間とリソースを最大限に活用し、効率的な営業活動を実施することができます。

    可能性のあるクレームとその対処法

    フォーム営業には、潜在的なクレームへの対処が不可欠です。例えば、営業禁止の明記がある企業への不適切なアプローチなどがあります。このような場合、先進的なAIツールを使用することで、クレームのリスクを軽減することができます。
    例えば、「リードダイナミクス」のようなツールは、営業禁止の文言を検知し、自動的に送信除外する機能を備えています。これにより、人手によるエラーを防ぎ、クレームを未然に防ぐことができます。  

    フォーム営業の効率化と自動化

    フォーム営業の効率化と自動化は現代ビジネスにおいて重要な要素です。以下に、その段階的なプロセスを詳細に説明します。 フォーム営業自動化ツールの選定と導入
    • 市場調査: 自動化を始める前に、利用可能なツールやサービスの市場調査が重要です。リードダイナミクスのようなAIを活用したツールが好例です。これらのツールは営業プロセスの効率化に特化しており、潜在顧客へのアプローチを自動化する機能を提供します。
    • ツールの選定: ツールの性能、送信スピード、送信成功率、ユーザーインターフェース、コスト対効果などの点からツールを選定しましょう。リードダイナミクスの場合、機械学習を駆使した高い送信成功率や、SPAに基づいた滑らかなユーザー体験が特徴です。

    自動化ツールを選ぶ上で重要なポイント

    AIフォームマーケティングSaasの発注先を見極めるポイントはこれ
    ①営業NGの問い合わせフォームをきちんと判別して、除外しているか?
    ②本当にAIを使っているのか?RPAではないか?
    ③送信完了に対して課金をしているか?
    ④問い合わせフォームに対して本当に送信したのか?結果を残せるか?
    ⑤送信できなかった理由の詳細はわかるか?
    ⑥予約機能はあるのか?PDCA回せるか?
    ⑦送信処理のスピードは早いのか?
    ⑧効率良くアポを取り、スケール可能な仕組みを持っているか?
    詳しくはこちらから↓
    2. ターゲットリストの作成と最適化
    • ターゲットの特定: 効果的なフォーム営業のためには、適切なターゲット市場の特定が重要です。業界、企業規模、地域などの基準を設定し、最も反応が期待できるリストを作成します。
    • リストの最適化: 作成したリストを定期的に更新し、非効率なターゲットを排除します。AIツールは、過去の反応データを基にリストを自動で最適化することも可能です。
     

    まとめと次のステップ

    この記事では、フォーム営業の基礎知識から効率化と自動化に至るまでの詳細な情報を提供しました。ここでは、これまでの議論の重要なポイントを再確認し、さらに進むためのリソースを提供します。 重要なポイントの再確認:
    • フォーム営業とは: メールを通じて潜在顧客にアプローチする営業手法。メール営業と比較して、より効果的で効率的なアプローチが可能。
    • 効果的なメール文面の作成: 簡潔で魅力的な文面が、高い反響率を生みます。ターゲットのニーズに合わせてパーソナライズされた内容が重要です。
    • 自動化ツールの活用: リードダイナミクスのようなAIツールを活用し、効率的なフォーム営業を実現。自動化により、大規模なアプローチが可能になります。
    • クレーム対策: 自動化ツールは、「営業禁止」などの文言を検知し送信を除外することで、クレームを未然に防ぐ機能を持っています。
    以上の内容を通じて、フォーム営業の基本から応用までを理解し、自社の営業活動に生かすことができるはずです。この記事が、あなたのビジネスの成長と成功の一助となることを願っています。    
     

    リードダイナミクス:AI営業支援ツールの機能と特徴、AI自動化の実際の効果

    現代の営業環境では、効率と生産性の向上が不可欠です。この文脈で、AI技術を活用した「リードダイナミクス」という革新的な営業支援ツールが注目を集めています。本記事では、リードダイナミクスの機能と特徴、およびAIによる自動化が営業効率に及ぼす実際の効果について掘り下げていきます。

    リードダイナミクスの機能と特徴

    リードダイナミクスは、AI技術を駆使して営業プロセスを自動化するツールです。以下はその主な機能と特徴です。
    1. AIによるフォーム検知と自動送信: RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ではなく、機械学習を施したAIがターゲット企業のお問い合わせフォームを自動で検知し、記入から送信までを全自動で実行します。
    2. 高速かつ大量のアプローチ: 作業時間は約3分で1000件のアプローチが可能。予約機能を使用すれば、一度に最大7000件のアプローチが実行できます。
    3. クラウドベースのシステム: SPA(シングルページアプリケーション)で構築されており、送信処理はすべてクラウド上で行われるため、PCへの負荷がかかりません。
    4. 高い送信成功率: 約70〜80%の送信成功率を誇り、日々送信成功率は向上しています。
    5. 営業NG文言の自動検知: フォーム付近の営業NG文言を自動で検知し、適切な処理を行います。

    フォーム一斉送信をAI自動化した際の効果

    リードダイナミクスの導入による効果は、以下のような点で顕著です。
    1. 営業効率の大幅な向上: 手動での営業活動に比べ、AIによる自動化は時間と労力を大幅に削減します。これにより、営業担当者はより戦略的な活動に注力できるようになります。
    2. 新規リードの獲得: 自動化により、従来は手が届かなかった潜在顧客へのリーチが可能となります。これにより、新規顧客の獲得機会が大幅に増加します。
    3. 顧客体験の向上: 自動化により、迅速かつ効果的な顧客対応が可能となり、顧客満足度が向上します。
    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。

    導入企業様の声

       

    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」とは

    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。

    AIツールを使う事で大幅な時間短縮になります

    人力で1000件送ろうと思うと大変ですよね? その必要はありません。AIが全て作業を代行してくれます。
    リードダイナミクスは完全にAIが送信処理を行う為、短時間で数千社に一斉にアプローチができます。 AIを使うことで大幅な時間短縮になります。
    短時間で一気に1000社送るのは到底、人の力では難しいですし、もし送信担当の方が病気などで会社を休職した場合は送信ができません。
    予約送信を活用しAIに任せることで、送信担当が寝坊しても、欠席しても定刻になれば送信処理が自動で開始されます。
    ※一件一件、手作業で送る必要はありません。 AIが送信作業を代行してくれます。

    リードタイムも大幅削減へ

    送信処理のスピード、成功率が高ければより少ない時間で効率よくアプローチができる為、リードタイムの削減にも繋がります。ビジネスにおいてスピードは価値です。 迅速に営業のPDCAを回しましょう。
    BtoBマーケティングにはSEOやウェビナーなど様々な集客方法が存在しますが、どちらも準備に工数がかかります。ウェビナーであればウェビナー用の資料の作成やイベントページの構築。SEOであれば記事の執筆、WPなどでの記事掲載サイトの構築。などの人的リソースや時間コストがかかります。

    さらにSEOでは50記事書けば必ず順位が上位になる保証はありません。良質な記事を掲載しなくてはなりませんし、Googleのアルゴリズムの理解も必須です。
    ウェビナーでの集客も難易度は高いです。高品質な資料、ウェビナーに集客する為のクリエイティブやサイト構築、PR、告知など様々なタスクが存在します。それをうまく分担し何名かのメンバーで遂行しなくてはなりません。もちろんディレクションコストもかかってくるでしょう。
    また様々な企業が実施している施策なので広告費の集客コストなどもかかると思います。


    問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」の特徴

    送信成功率 約70%〜80%


    様々なお問い合わせフォームを学習 RPAではなく弊社Saasには機械学習を施したAIが搭載されております。 その為高い送信成功率が特徴です。 日々AIが様々な形式のフォームを学習しておりますので今後更に送信成功率は上昇します。

    国内複数のお問い合わせフォームを学習させたデータや、NGワード等の検出をデフォルトで提供することで、モラルを保ちつつ学習データを駆使し様々なレパートリーのお問い合わせフォームに送信する事が可能です。

    ※本サービスについて、特定の目的への適合性、商業的有用性、完全性、継続性等を含め、一切保証致しません。
    ※送信成功率は、自社調べでありシステムエラーによりブラウザの起動失敗、お問い合わせページが特定・アクセスできない、プライバシーが保護されない、キャプチャで保護されたページ、入力失敗、送信・確認ボタンの特定・クリックができない、送信先に起因、関連する予期せぬエラーを除いて算出。

    営業禁止は自動除外

    フォーム付近に営業禁止文言がある場合、送信除外

    フォーム付近に「営業はご遠慮ください」などの文言が明記されている場合、類似文言含めAIが自動で検知し送信除外しております。

    何度も同じ会社に送らないように、注意喚起

    同じ企業に何回も送られないように送信しようとしたリストに直近1週間以内に送信された企業が含めれている場合は注意喚起のアラートが表示されます。

    システマチックにNGリストを管理できる為、ヒューマンエラーを未然に防ぐ事ができます。

    NGリストに登録されている企業様は送信除外

    SaaSにNGリストを登録できる為、NGリストに登録しておけば今後一切その企業には送らない設定が可能です。 すでにお取引がある企業様などをNGリストに登録しておくと事前にリスト被りを防げます。また、何名かでリードダイナミクスを利用する際もNGリストが一元管理されているのでチームで送る際はとても便利です。

    問い合わせフォーム自動送信AIツール導入企業様の声

    実際に問い合わせフォーム自動送信AIツールの「リードダイナミクス」を導入していただいた企業様にインタビューを行ってみました。

    問い合わせフォーム自動送信AIツールのまとめと今後の展望

    2023年は、AI技術の進化とビジネス環境の変化により、リード獲得の方法にも大きな動きが見られました。この記事を通して、私たちは多くのリード獲得AIツールの紹介やその利点、さらには選定のポイントや実際の導入事例などを深く掘り下げてきました。それでは、2023年のリード獲得AIツールの動向と、法人営業担当者への最終的なアドバイスについて見てみましょう。 2023年のリード獲得AIツールの動向 今年は、データ分析の高度化や自動化の拡大により、多くの企業がリード獲得の効率を大きく向上させることができました。特に、AIツールを活用することで、ターゲットとなる顧客の特定や接触方法の最適化など、従来の方法では考えられなかったアプローチが可能となりました。これにより、より質の高いリードを短時間で獲得することができるようになり、競争優位性を持つ企業が増えてきました。 法人営業担当者への最終的なアドバイス 最後に、法人営業担当者の皆さんへのアドバイスとして、以下の3つのポイントを心に留めておくことをおすすめします。
      1. ニーズの特定: どのようなリードを獲得したいのか、具体的なニーズを明確にすることが最も重要です。その上で、適切なAIツールを選定することができます。
      1. 継続的な学習: AIツールの導入は、一度きりのものではありません。市場や技術の変化に合わせて、ツールの更新や改善を継続的に行うことが必要です。
      1. 効果測定: AIツールの導入後、定期的にその効果を測定し、必要に応じて改善策を検討することで、より高いリード獲得効果を実現できます。
    このように、2023年のリード獲得AIツールの導入と活用には、多くのポイントが考慮されるべきです。しかし、それに見合うだけの大きなメリットが期待できるのも事実です。今後も技術の進化とともに、新しいリード獲得の方法を積極的に取り入れ、ビジネスの成功を追求していきましょう。


    ContactUs

    導入をご希望の方はこちらからお問い合わせください
    貴社サービスの成長をLeadDynamicsが支援致します。

この事例をみた方は
下記の様な記事も読んでいます。